ウィリアム王子、ロンドンの街角で『ビッグイシュー』を販売 人々の写真撮影にも快く対応

ウィリアム王子、ロンドンの街角で『ビッグイシュー』を販売 人々の写真撮影にも快く対応

ウィリアム王子、ロンドンの街角で『ビッグイシュー』を販売 人々の写真撮影にも快く対応の画像

ウィリアム王子が、ロンドンの路上でホームレスの人と一緒に『ビッグイシュー』を売る姿が目撃された。王子から同誌を購入した男性は「とてもフレンドリーな人だった」と感激している。


ウィリアム王子が現地時間8日の午後、バッキンガム宮殿の近くにあるロチェスター・ロウ(Rochester Row)でホームレスの男性と一緒に『ビッグイシュー』を売る姿が目撃された。

王子を発見したという元ロンドン警視庁長官マシュー・ガードナーさん(Matthew Gardner)は、自身のLinkedInで同誌のユニフォームを着たウィリアム王子と義理の兄弟リチャード・ハナントさん(Richard Hannant)のツーショットを公開した。

マシューさんによると、リチャードさんが有名人とみられる人物を発見し遠巻きに写真を撮影したという。リチャードさんの自撮り写真では、通りの向こう側にユニフォーム姿のウィリアム王子と男性が一緒に歩いている場面が写っている。

するとウィリアム王子が道路を渡り、リチャードさんに話しかけてきたそうだ。

マシューさんは「謙虚であり、最も困っている人々のために、陰で静かに働いている未来の国王とプライベートな時間を持つことができるとは何と光栄なことだろう。静かなジェスチャーは、認識されないことが多い」と感動を綴った。

この時ウィリアム王子は『ビッグイシュー』を購入するか尋ねたが、リチャードさんが小銭を持ち合わせていないと答えると王子はモバイル型のカード決済機を取り出したそうだ。

王子のユニークな対応に、マシューさんは「予想外の出来事だった! プライスレス(極めて貴重)、いやプリンスリー(王子らしい)と言うべきかな」と記していた。

英『BBC』によると、リチャードさんは「彼は素晴らしい人で、とてもフレンドリーだった。ジュビリーの大規模イベントを終えたばかりの数日後に、チャリティーのサポートをしていることに驚いた」と語っていたという。

この他にもSNSではリトアニアから来たカップルや、現場でタクシーを充電していた運転手の男性などが同誌を売るウィリアム王子らと一緒に写真撮影をする姿が流出している。赤いユニフォームを着た王子の左胸には、写真入りの身分証明書がつけられていた。

ウィリアム王子が路上で密かに働く姿を見た人々は、SNSでこのようにコメントしている。

「王子は多くの点で、母ダイアナ妃と同じだわ。宣伝のためでなく、母の心から真っすぐに行っている。まさにウィリアムらしい行動ね。」
「今から彼のことを人々の王子と命名しよう。」
「国民達の王子は、即位した時には偉大な国王になるだろう。」

『ビッグイシュー』は、ホームレスや長期失業者、お金が必要だが借金を避ける人々を支援するために販売されている。売り手には5冊が無料で配られ、それらを3ポンド(約490円)で販売できるが、追加購入する場合には1.5ポンド(約245円)となる。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2021年9月24日付Instagram「Hearing from fans about the future of the game」』『Mike Sington 2022年6月9日付Twitter「With no press or entourage, Prince William is spotted undercover on the streets of London dressed as a newspaper vendor selling ‘The Big Issue’」』『CTV News 2022年6月10日付Twitter「Prince William goes undercover to highlight a big issue」』『Dr Shola Mos-Shogbamimu 2022年6月9日付Twitter「Prince William selling the Big Issue is a good thing but calling it ‘humble’ ‘undercover’」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)