エリザベス女王、カミラ夫人にガーター勲章を授与 女王の近影に「美しい」と歓喜の声

エリザベス女王、カミラ夫人にガーター勲章を授与 女王の近影に「美しい」と歓喜の声

エリザベス女王、カミラ夫人にガーター勲章を授与 女王の近影に「美しい」と歓喜の声の画像

エリザベス女王(96)が、ガーター勲章叙任式前にカミラ夫人(74)にガーター勲章を授与する姿が公開された。銀色のドレスを着た女王がチャールズ皇太子(73)とカミラ夫人の間に立つ姿に、王室ファンからは「驚くほど美しい!」「素敵な姿が見られて嬉しい」といったコメントが寄せられている。


現地時間13日、ウィンザー城の聖ジョージ教会で王室伝統行事であるガーターセレモニー(ガーター勲章叙任式)が開催された。

1348年にエドワード3世が設立したガーター騎士団は、英国で最も古く権威ある騎士団だ。現在は女王と王室上級メンバーや、公共サービスへの献身を称えて女王が自ら任命する24名のメンバーからなっている。

毎年6月の恒例行事であるガーター勲章叙任式は、ベルベッドのローブを纏った王室メンバーがセレモニー会場である聖ジョージ礼拝堂までパレードを行うことで知られている。

2020年と2021年はパンデミックのため中止となった。3年ぶりとなった今年の開催日にはウィンザー城周辺に4,500人以上の観客が集まった。

儀式開始前、ウィンザー城の王座の間(スローン・ルーム)ではエリザベス女王がベルベッドのローブを纏うチャールズ皇太子とカミラ夫人と並ぶ姿が撮影された。

この日、王座の間では女王からカミラ夫人にガーター勲章を任命するプライベートな儀式が行われた。これにより夫人は今後、“Royal Lady of the Order of the Garter”として正式に認められる。

エリザベス女王は、銀色のドレスの上に青いガーター君主の帯をタスキがけにして銀色のパンプスを履いている。右手で杖をついて立ち、左腕には愛用する黒いハンドバッグを提げていた。

女王が即位70周年「プラチナ・ジュビリー」記念式典以来、元気な姿を見せたことに、王室ファンからはこのようなコメントが寄せられた。

「女王は驚くほど美しく見える!」
「女王の素敵な姿が見られて嬉しい! ずっと元気でいて欲しいし、移動により大きな痛みが生じないことを願ってます。」
「なんだか、女王は痩せたみたいね。今後も健康でいてくれることを祈ってる。」

当日はキャサリン妃とソフィー妃が見守る中、ローブを纏ったチャールズ皇太子とカミラ夫人、ウィリアム王子、エドワード王子が聖ジョージ礼拝堂へのセレモニー・ウォークを行った。セレモニー後には王室メンバーが馬車に乗り、ウィンザー城へと戻って行った。

女王は最近歩行が困難であるため、杖をついて礼拝に出席した。イベントでは公の場に姿を見せなかったが、城内でプライベートな会合と昼食会を主催した。

アンドルー王子はセレモニーへの出席が予定されていたが、チャールズ皇太子とウィリアム王子の意見を受け、公の場で姿を現さないようとの決断が女王によって下された。

バッキンガム宮殿は13日に声明文を発表し、「ヨーク公は本日、叙任式と昼食会に出席しますが、行列と礼拝には参加しません」と公の場でのイベント参加を控えることを伝えていた。

画像は『The Royal Family 2022年5月21日付Instagram「Swipe through for some of this week’s highlights, which includes:」、2022年6月13日付Instagram「This afternoon the Garter Day procession took place in the grounds of Windsor Castle for the first time in three years.」』『Clarence House 2022年6月13日付Instagram「The Order of the Garter is the oldest, most senior Order of Chivalry in Britain, established by King Edward III nearly 700 years ago.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)