ウィリアム王子一家、今夏ウィンザーにお引っ越し 新居は女王の近くに

ウィリアム王子一家、今夏ウィンザーにお引っ越し 新居は女王の近くに

ウィリアム王子一家、今夏ウィンザーにお引っ越し 新居は女王の近くにの画像

ウィリアム王子とキャサリン妃が今年の夏、3人の子供達と一緒にウィンザーに引っ越すことが明らかになった。夫妻はエリザベス女王の近くに住むために、納税者に負担を与えない控えめな住居を選んだという。


英メディア『The Sun』によると、ウィリアム王子とキャサリン妃が今年の夏、現在の居住地であるロンドンのケンジントン宮殿から引っ越しすることが決まったという。夫妻は最近歩行困難になったエリザベス女王の近くに住むため、ウィンザー城のすぐ近くにある邸宅を選んだ。

一家の新居となるのは、英バークシャー州ウィンザーの地所内にあるアデレード・コテージだ。1831年に再建しイギリス指定建造物のグレードIIに指定された建物で、女王が滞在するウィンザー城と聖ジョージ礼拝堂からは歩いてすぐの場所にある。

現在、夫妻の子供達であるジョージ王子(8)とシャーロット王女(7)、ルイ王子(4)は、ロンドンのバタシーにあるプレップスクールに通っている。8月にウィンザーに引っ越しすると、英国で新学期が始まる9月からは一緒に地元の学校に通学することになる。

同メディアの情報筋は「ウィリアム王子とキャサリン妃はウィンザーでの新生活を始めるにあたり、控えめな家を希望していた」と明かし、こう続けた。

「アデレード・コテージは4つの寝室があるだけで、住み込みのスタッフがいません。まさに彼らの条件にピッタリなのです。夫妻は納税者に負担を与えないよう、派手なものや改修や警備が必要なものは断固として拒否しているのです。」

この人物によると、夫妻はジョージ王子とシャーロット王女、ルイ王子の生活についても考慮したそうで「彼らは、子供達を地元の学校に通わせるということも視野に入れています。子供達はアンマーホールでの生活と同じように、庭で走り回ったり、遊んだりすることを楽しむでしょう」と加えている。

さらに「夫妻が女王の近くに住むことができて、子供達の学校に近い場所に住めれば、これ以上の要望はないだろう」と言い、新居の家賃の支払いについてこう述べた。

「家賃は個人の口座から支払われます。あとは大切な家具や所有物を運び込むだけです。家族全員はこの夏に入居して、ウィンザーで新生活をスタートすることを楽しみにしています。」

ウィリアム王子夫妻は2017年からケンジントン宮殿に居住しているが、ここ数か月前からは引っ越しの準備をしているとの憶測が囁かれていた。

夫妻は2011年のロイヤルウエディング後、エリザベス女王から英ノーフォーク州サンドリンガムにあるアンマーホールの邸宅を贈られ、2015年から2017年まで居住していた。現在も一家のセカンドハウスとして定期的に訪れており、今後も手放さずに維持していく予定という。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2021年12月10日付Instagram「Delighted to share a new image of the family, which features on this year’s Christmas card」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)