ゼンデイヤ、トム・ホランドの子を妊娠? 本人が噂を否定「何の意味もなく作り話をしている」

ゼンデイヤ、トム・ホランドの子を妊娠? 本人が噂を否定「何の意味もなく作り話をしている」

ゼンデイヤ、トム・ホランドの子を妊娠? 本人が噂を否定「何の意味もなく作り話をしている」の画像

ゼンデイヤ(25)が、トム・ホランド(26)との子を妊娠したという説が浮上したことに強く反論した。SNSではゼンデイヤが妊娠したという“いたずら動画”が出回り、その情報を信じる人が続出してしまった。


ゼンデイヤの妊娠説がSNSでトレンド入りしたのは、TikTokのいたずら動画が発端だった。これらはゼンデイヤが交際中のトム・ホランドとの子を妊娠しているように見せかけたものだ。

TikTokユーザーのライアン・ロバーツさんが投稿した画像は、ゼンデイヤのプロフィール画像をフォトショップで添えるなど本人が投稿したように加工している。

画面には胎児の超音波画像が映され、ゼンデイヤの名前の横に「愛してるわ。もうすぐそこまで来ている」と記されていた。

すると突然、画面が緑のスパンコールのトップスに黒い蝶ネクタイをしたクリス・ジェンナーが踊っている姿に切り替わった。そして「あなたは“Krissed(クリスに騙された)”! この動画を友達に送って」との文字が映し出されたのである。

別のTikTokユーザーが公開したいたずら動画では、ゼンデイヤとトムが街を歩く姿や大きなお腹をしたゼンデイヤの写真があり「待ってくれ。ゼンデイヤはいつから妊娠してるんだ」との文字を添えている。そして最後には、またもやクリスが踊る姿が現れていた。

こういったTikTokのいたずら画像はツイッターでも共有され、動画に関するミームやジョークの波が押し寄せた。その結果、ゼンデイヤの妊娠説がトレンド入りしてしまったのだ。もともとの画像がフェイクだと明かされていたものの、ツイッターでは本物だと信じる人が後を絶たなかった。

ツイッターのユーザーは、「ちょっと待って! ゼンデイヤが妊娠したって?」「情報源を知りたい。だってタイムラインではみんなが話題にしてるんだもの」「スーパーの中で、誰かが『ゼンデイヤが妊娠!』と叫んだら、20人がしゃがみ込んでしまった」などとコメントしていた。

こういった事態を受けゼンデイヤが現地時間15日、自身のInstagramストーリーで声明を発表した。

黒い画面には「ほらね、これが私がツイッターから距離を置いている理由よ。毎週何の意味もなく、作り話をしているだけ」と批判的な言葉が記された。

さらに次の投稿では「とにかく撮影に戻ろう。『Challengers』」と綴っていた。ゼンデイヤは現在、ルカ・グァダニーノ監督による恋愛映画『Challengers』の撮影中だ。

ゼンデイヤが声明を発表した後、いたずら動画を投稿したライアンさんのもとには「ゼンデイヤが怒ってるよ」というコメントが届いたが、ライアンさんは「僕のことを、気付いてもらえたよ」と答えている。

画像は『Zendaya 2022年3月30日付Instagram「Vanity Fair 2022」、2022年6月1日付Instagram「Happiest of birthdays to the one who makes me the happiest」、2022年6月15日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)