トラヴィス・バーカー、膵炎で入院「極度の胃痛に苦しみ、歩けない状態」

トラヴィス・バーカー、膵炎で入院「極度の胃痛に苦しみ、歩けない状態」

トラヴィス・バーカー、膵炎で入院「極度の胃痛に苦しみ、歩けない状態」の画像

米バンド「ブリンク182」のドラマー、トラヴィス・バーカー(46)が膵炎を発症して入院したことが明らかになった。トラヴィスは先日、診察に訪れた病院から別の診療センターに救急搬送される姿がキャッチされており、娘アラバマさん(16)が「祈りを捧げて」と呼びかけていた。


トラヴィス・バーカーが現地時間28日、妻コートニー・カーダシアン(43)に伴われてロサンゼルスのウェストヒルズ病院を訪れたと米メディア『TMZ』が報じた。

同メディアはその後、トラヴィスが担架に乗せられて救急車でシダーズ・サイナイ医療センター(Cedars-Sinai Medical Center)に搬送される写真を掲載していた。

当時トラヴィスの症状や容態については明らかになっていなかったが、本人が病院から「神よ、俺を救ってくれ」とツイートしていた。

またその直後、トラヴィスと最初の妻シャノン・モークラーさんとの娘アラバマさんが自身のInstagramストーリーで、「祈りを捧げるようお願いします」とフォロワーに呼びかけていた。

そして『TMZ』は翌29日、トラヴィスが膵炎を発症して入院したことを伝えたのである。膵臓の炎症により腹痛を引き起こすものだが、医師達は大腸内視鏡検査が引き金になったとみているという。

同メディアが取材した複数の情報筋は、トラヴィスには膵臓が炎症した際に起こる吐き気や激しい胃痛、嘔吐などの症状があったと証言している。彼がいつ大腸内視鏡検査を受けたのかは不明だが、情報筋はつい最近だと話したそうだ。

また米メディア『People』の情報筋は、トラヴィスが救急搬送された当時の様子についてこのように明かしている。

「昨日コートニーは心配していました。2人ともです。トラヴィスは極度の胃痛に苦しみ、ほとんど歩けない状態でした。」

この人物によると、現在のトラヴィスは病院で最高の治療を受けており、医師が痛みの管理に重点を置き、一連の検査と食事の改善を行いながら症状を判断しているという。

トラヴィスが救急搬送された当日、彼の最初の妻シャノンさんとの息子ランドンさん(18)は、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催したマシン・ガン・ケリーのライブに飛び入り参加していた。

この日、ランドンさんはマシン・ガン・ケリーとコラボした楽曲『Die in California』を演奏した。ライブを観た『People』の編集者ナイジェル・スミス氏は、ステージに現れたランドンさんの様子が「とても感情的だった」と言い、このように伝えた。

「ランドンは歌の途中で登場したが、悪魔と闘っているようだった。彼らは演奏中にハグをして歌い、ランドンがステージから降りるまで感動的な時間をシェアしていました。」

画像は『travisbarker 2021年10月26日付Instagram「scorpio season」、2022年6月5日付Instagram「So proud of you @landonasherbarker.」』『Landon Barker 2022年5月25日付Instagram「Wedding week」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)