エリザベス女王とウィリアム王子、安倍元首相を追悼「深い悲しみに包まれている」

エリザベス女王とウィリアム王子、安倍元首相を追悼「深い悲しみに包まれている」

エリザベス女王とウィリアム王子、安倍元首相を追悼「深い悲しみに包まれている」の画像

エリザベス女王が現地時間8日、安倍晋三元首相が銃撃されたことを受けて、追悼メッセージを公開した。女王は2016年に安倍夫妻が英国を訪問した際、バッキンガム宮殿で対面している。当日はウィリアム王子も声明文を出し、2015年の来日時での安倍元首相との思い出を述べるとともに哀悼の意を表した。


エリザベス女王が「The Royal Family」の公式ウェブサイトに声明を発表し「安倍晋三元首相の突然の訃報を聞き、私と家族は深い悲しみに包まれています」と述べ、こう綴った。

「私は安倍ご夫妻が2016年に英国を訪問された際にお会いし、多くの思い出があります。彼の日本を愛し、英国とこれまで以上に固い絆をより深めたいという強い思いがありました。」

女王は「困難な時期に、彼のご家族と日本のみなさまに心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます」と伝え、最後に「ELIZABETH R」の署名を記した。「R」は女王を意味する「regina」の頭文字だ。

女王は2016年、安倍晋三氏が昭恵夫人を伴って英国を訪問した際に、バッキンガム宮殿のプライベート・ルームで対面している。当時はネイビーブルーのスーツを着た安倍氏が、白いスーツ姿の昭江夫人やピンクのドレスを着た女王と並ぶスリーショットなどが公開されていた。

安倍元首相の訃報が流れた当日には、エリザベス女王の孫であるウィリアム王子も公式ツイッター「The Duke and Duchess of Cambridge」で追悼メッセージを送った。

「安倍晋三元首相が亡くなられたことを知り、深い悲しみに暮れています。彼は真の政治家であり、献身的な指導者です。私が2015年に来日した際、彼が差し伸べてくれた温かさと寛容さを忘れることはないでしょう。」

王子は最後に「ご家族と日本のみなさまに心からお悔やみ申し上げます」と述べ、自身の頭文字である「W」の署名を記した。

ウィリアム王子は2015年2月26日から3月1日まで初来日し、滞在中には福島県郡山市の老舗旅館で行われた夕食会に出席した。当日はお揃いの浴衣を着た王子と安倍氏が、カメラに向かって微笑むツーショットが撮影されていた。

画像は『The Royal Family 2020年11月9日付Instagram「“May the memory of their sacrifice and bravery remain with us always.”」、2022年7月8日付Instagram「Her Majesty The Queen has sent the following message of condolence to the Emperor of Japan, following the death of former Prime Minister of Japan, Shinzo Abe.」』『Arthur Edwards 2015年3月1日付Twitter「#RoyalTourJapan.」』『The Duke and Duchess of Cambridge 2022年7月8日付Twitter「I’m deeply saddened to learn of the death of Japan’s former Prime Minister Shinzo Abe.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)