ジョージ王子、ウィンブルドンを初観戦 優勝トロフィーを持ち「ちょっと重いね!」

ジョージ王子、ウィンブルドンを初観戦 優勝トロフィーを持ち「ちょっと重いね!」

ジョージ王子、ウィンブルドンを初観戦 優勝トロフィーを持ち「ちょっと重いね!」の画像

ウィリアム王子とキャサリン妃が、息子ジョージ王子(8)を伴ってウィンブルドン男子シングルス決勝の観戦に訪れた。ウィンブルドンを初観戦したジョージ王子は、勝利したノバク・ジョコビッチ選手と対面。優勝トロフィーを手渡されると、「ちょっと重いね!」と感想を漏らす微笑ましい場面もあった。


現地時間10日、テニスの4大大会「グランドスラム」のひとつウィンブルドンが最終日を迎え、第1シードのノバク・ジョコビッチ選手(セルビア)と世界ランキング40位のニック・キリオス選手(オーストラリア)が対戦する男子シングルス決勝が行われた。

当日はウィリアム王子とキャサリン妃が第1子ジョージ王子と一緒に会場を訪れ、試合前にはウィンブルドンのスタッフと対面した。

ジョージ王子はネイビーブルーのスーツとストライプ入りの同色のネクタイを締めている。キャサリン妃はネイビーブルーに水玉模様を施したドレスを着ており、ウィリアム王子はベージュのスーツにネイビーブルーのネクタイを着用していた。

英メディア『The Telegraph』によると、ジョージ王子は誰を応援するのかと聞かれたものの、恥ずかしがって答えられない様子だったという。するとウィリアム王子が息子を見て「ジョコビッチ」と囁いた後、「まあ、試合がどれほど続くか見てからですね。彼は勝者を応援するでしょう」と述べた。

またウィリアム王子は、第2子シャーロット王女(7)が来なかった理由について「今日は、ジョージへのもてなしなんです」と答えていた。

その後、夫妻とジョージ王子はセンターコートのロイヤルボックスに着席し、ジョコビッチ選手とキリオス選手による決勝戦を観戦した。ウィンブルドンの初観戦となるジョージ王子は、キャサリン妃とウィリアム王子の間に座り、観客に向けて手を振る姿も見られた。

3時間におよぶ熱戦の結果、ジョコビッチ選手が4-6、6-3、6-4、7-6(3)でキリオス選手を破り、グランドスラムで通算21度目の優勝を果たした。

試合後には、ウィリアム王子夫妻とジョージ王子が勝利したジョコビッチ選手と対面した。ジョージ王子が両手の親指を立てて勝利の喜びを表すと、手前に立つジョコビッチ選手が優勝トロフィーを王子に手渡したのである。

すると隣に立つキャサリン妃が、男子シングルス優勝トロフィーの頂上にあるパイナップルの装飾を指さした。ジョージ王子はトロフィーに刻印された歴代優勝者達の名前を見たが、すぐに「ちょっと重いね!」と言い、キャサリン妃にトロフィーを手渡した。

ジョージ王子はキャサリン妃と同様にテニスの大ファンで、過去にはロジャー・フェデラー選手とトレーニングを行ったこともある。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2022年7月10日付Instagram「Another year, another incredible tournament here @wimbledon.」』『Wimbledon 2022年7月10日付Instagram「‘Do you want to hold it?’」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)