アンバー・ハード、元夫ジョニー・デップの名誉棄損裁判で陪審員のなりすましを主張 評決の無効を求める

アンバー・ハード、元夫ジョニー・デップの名誉棄損裁判で陪審員のなりすましを主張 評決の無効を求める

アンバー・ハード、元夫ジョニー・デップの名誉棄損裁判で陪審員のなりすましを主張 評決の無効を求めるの画像

ジョニー・デップが、元妻アンバー・ハードに対する名誉棄損裁判で勝訴した6月1日から1か月が経過した。「人生を取り戻した」ジョニーだが、このほどアンバー側が評決の無効と裁判のやり直しを要求する文書を裁判所に提出し、諦めない姿勢を見せた。


2018年に米紙『Washington Post』が掲載したアンバー・ハードの寄稿文がジョニー・デップの名誉棄損にあたるとして、5000万ドル(約65億円)の損害賠償を求める民事裁判をジョニーが起こしたのも記憶に新しい。今年4月裁判が開始され5月に双方の弁護士が最終弁論を行い、陪審員による審議が開始された。そして6月1日に12時間以上に及ぶ審議を経てジョニーの勝訴が決定した。

ところが米メディア『People』が入手した、アンバー側が7月2日にバージニア州裁判所に提出した43ページにも及ぶ文書によると、6週間の裁判で陪審員を務めたのは実際に召喚された当時77歳の人物ではなく、25歳も若い52歳の人物だったという。陪審員の召喚状は、同じ姓の2人が住むバージニア州の家に送られたそうで、これは法廷に対する詐欺であるとも主張している。

また今回の文書で、アンバー側は「虐待者の名前がない寄稿文が原因で映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の役を失ったと主張するジョニーは間違っている」と改めて申し立て、「評決は十分な証拠に裏付けられていない。アンバーは評決の無効を要求する資格がある」と訴えた。

裁判が行われた米バージニア州では全員一致の評決が必要で、疑惑の人物を含む全陪審員がジョニーの名誉棄損の訴えを支持していた。

アンバーの弁護士は評決を完全に破棄するように要求し、新たな裁判を命じるよう求めている。

画像は『Amber Heard 2021年10月14日付Instagram「Classique for @lorealparis」』『Johnny Depp 2022年6月2日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 雨宮瑠亜奈)

関連記事(外部サイト)