ジョニー・デップ、新曲でアンバー・ハードに反撃か ジェフ・ベックとの新アルバムに辛辣な歌詞

ジョニー・デップ、新曲でアンバー・ハードに反撃か ジェフ・ベックとの新アルバムに辛辣な歌詞

ジョニー・デップ、新曲でアンバー・ハードに反撃か ジェフ・ベックとの新アルバムに辛辣な歌詞の画像

ジョニー・デップがまもなくリリースする英ギタリスト、ジェフ・ベックとのアルバムで、新曲を通してアンバー・ハードを痛烈に批判しているという。アンバーとの間に巻き起こった名誉毀損裁判でのジョニーの思いがこめられているようだ。


米バージニア州で約7週間にわたって行われた名誉毀損裁判で勝訴したジョニー・デップ。陪審員はアンバー・ハードがすべての訴因でジョニーの名誉を毀損したと宣言し、1035万ドル(約13億5000万円)の損害賠償を命じた。アンバーは名誉毀損の裁判では敗訴したが、陪審員はジョニーが弁護士を通じて彼女を中傷したと判断したため、反訴で200万ドル(約2億7000万円)を獲得した。

つい先日、アンバー側から評決の無効と裁判のやり直しを要求する文書が裁判所に提出されたばかりだが、裁判が終わってからジェフ・ベックと共にヨーロッパツアー中のジョニーは「裁判のことは話していない」「ただ自分のキャリアを取り戻したいだけ」と報じられていた。

そして今月15日にはジェフ・ベックと共にアルバム『18』をリリースするが、ジョニーの曲の歌詞がアンバーを指し痛烈に非難しているという。『Sunday Times』のレコードレビューによると、アルバムの歌詞が明らかになっており、元妻アンバーのことを「結婚7年目の倦怠感を抱えたような表情で惨めに座っている」と表現した上で、「もし僕が10セントを持っていても、君の手には届かないだろう」と口ずさみ、別の曲では「あの酷い夜について、君は言いたい放題言っただろう」と歌っている。

同アルバムは裁判が行われる前の3年前から制作されており、ザ・ビーチ・ボーイズ、ジョン・レノン、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの曲に加え、モータウンのミュージシャンのカバーも収録されているという。

ジェフは「ジョニーと一緒に演奏し始めた時、それは本当に俺達の若々しい精神と創造性に火をつけたんだ」と言い、「俺達は18歳に戻った気分だと冗談を言ったものが、そのままアルバムのタイトルになったんだ」と明かしている。ニューアルバム『18』は13曲入りで、そのうち2曲のバラードがジョニーによって書かれたと伝えられている。

画像は『Johnny Depp 2022年7月3日付Instagram「a little lull in Stockholm… between shows JD X.」』『Jeff Beck 2022年6月16日付Twitter「Throwback to the Apollo in Manchester.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 雨宮瑠亜奈)

関連記事(外部サイト)