ジェニファー・ロペス「自分は無敵だと思っていたのに」 20代後半の恐怖体験を明かす

ジェニファー・ロペス「自分は無敵だと思っていたのに」 20代後半の恐怖体験を明かす

ジェニファー・ロペス「自分は無敵だと思っていたのに」 20代後半の恐怖体験を明かすの画像

ジェニファー・ロペスが、20代後半に経験した疲労からくる激しいパニック発作で「体が麻痺したように感じた」ことを明かした。歌手で女優、実業家としても活躍するパワフルなイメージをもつジェニファーだが、過去にはストレスで精神的に追い詰められていたという。


ジェニファー・ロペスは自身のニュースレター『On The JLo』最新版で、過去のパニック発作について次のように明かした。

「睡眠が3時間から5時間しか取れない時が私の人生にはあったの。一日中撮影現場にいたり、一晩中スタジオにこもったり、週末には取材を受けたりビデオを撮影していたわ。20代後半、自分は無敵だと思っていたの。」

「ある日、全ての仕事と仕事がもたらすストレスや精神的に回復するための十分な睡眠時間が取れていないことが重なって、追い詰められていったの。」

そのように当時を語るジェニファーは「自分ではまったく普通の精神状態だと思って今日やることを考えていたら、突然動けなくなったように感じたの。完全に身体が固まって動けなくなり視界もはっきりしなかった」と告白し、「その症状で私は怖くなり、恐怖はどんどん増していった」そうだ。

「今となっては、疲労がもたらした典型的なパニック発作だと分かるけど、当時はその言葉すら聞いたことがなかった」という。自分が正気なのかどうか疑わしくなったジェニファーは、撮影現場にいた自身のセキュリティガードに病院まで送ってもらったそうで、「病院に着くまでに、少なくとも話せるようになったのだけど、その時はおかしくなってしまったのかと思うくらい怖かったわ」と振り返った。「自分はおかしくなってしまったのか」と医師に尋ねると、「いいえ。そうではありません。これだけの仕事をするなら、7時間から9時間の睡眠を取り、カフェインをやめ、運動もしっかりやりなさい」とアドバイスを受けたという。

仕事を優先するあまり、「自分自身のセルフケアの必要性を完全に捨ててしまった」と語ったジェニファー。「自分の身体と心が健康であるために、必要なものを無視することがどれほど深刻な結果を招くかが分かったわ」と反省し、現在は「非常に健康的でバランスのとれた生活を送る」ことを心がけている。

画像は『Jennifer Lopez 2022年6月30日付Instagram「Happy hump day」、2022年7月11日付Instagram「Can’t touch this」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 雨宮瑠亜奈)

関連記事(外部サイト)