エリザベス女王「クイーンズ・バトン・リレー」特別なメッセージの内容が明らかに チャールズ皇太子が代理で読み上げる

エリザベス女王「クイーンズ・バトン・リレー」特別なメッセージの内容が明らかに チャールズ皇太子が代理で読み上げる

エリザベス女王「クイーンズ・バトン・リレー」特別なメッセージの内容が明らかに チャールズ皇太子が代理で読み上げるの画像

チャールズ皇太子とカミラ夫人が、英バーミンガムで開幕した「コモンウェルスゲームズ」の開会式にエリザベス女王の代理で出席した。皇太子は昨年10月にバッキンガム宮殿でスタートした「クイーンズ・バトン・リレー(The Queen’s Baton Relay)」のバトンに封印し、英連邦国を旅した女王のメッセージを読み上げた。


現地時間28日、英連邦の国や地域のアスリートが参加して4年ごとに開催される総合スポーツ競技大会「コモンウェルスゲームズ」がバーミンガムで開幕した。エリザベス女王はコモンウェルス(英連邦)首長であり、コモンウェルスゲームズ連盟のパトロンも務めている。

昨年10月には本大会の開催に向けて、毎回行われる「クイーンズ・バトン・リレー」がバッキンガム宮殿でスタートした。

バトンには毎回恒例である女王からの特別なメッセージが封印され、294日をかけて英連邦の全72か国と地域をリレーしたあと最終地点であるバーミンガムに到着し、開会式で読み上げれられる。

女王は最近移動が困難なため、今年の大会への出席は断念したが、開会式の巨大なスクリーンには女王の即位70年にわたる映像が映し出された。

式典ではエリザベス女王の代理でチャールズ皇太子とカミラ夫人が壇上に上がり、皇太子がバトンに入った女王からのメッセージを読み上げた。

皇太子は手紙を持ち、「昨年10月7日、この特別に作られたバトンがバッキンガム宮殿を出発し、英連邦を横断しました。この294日間、私のメッセージだけでなく、通過したそれぞれの国や地域が共有する希望や夢を乗せて、バーミンガムまで旅を続けてきました」と読むと、その内容をこのように続けた。

「長年にわたり、多くの人々が『友好的なゲーム』に参加することで、思い出に残る共有体験が生まれ、長い付き合いとなり、さらにはライバル的な関係も生まれました。」

「しかし何よりも、私たちが世界のどこにいようとも、英連邦という国家の一員として、互いにつながっていることを思い出させてくれるのです。」

女王は多民族・多宗教である開催地のバーミンガムについて、このように記述している。

「歴史を通じて多くの人々を惹きつけ、受け入れてきたパイオニア的な街であり、英連邦の豊かな多様性と結束を象徴する都市です。そして今、友情と共に皆様を歓迎しています。」

そして同イベントの成功のために尽力した人々に感謝を述べ、「特に最近の皆さんの努力と献身は、私たち全員にインスピレーションを与えてくれました」と伝えた。

最後に「今、第22回コモンウェルスゲームの開会を宣言できることは、この上ない喜びです」と述べ、イベントを開幕した。

画像は『The Royal Family 2021年10月7日付Instagram「The Queen signing her message to the Commonwealth, which will be read at the Opening Ceremony of the Commonwealth Games in Birmingham next year.」、2022年7月28日付Instagram「The Queen’s message for the @Birminghamcg22 Commonwealth Games:」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)