エリザベス女王、休暇中はオーラを消して別人に 「私が女王だなんて!」一般人を騙す抜群のユーモア

エリザベス女王、休暇中はオーラを消して別人に 「私が女王だなんて!」一般人を騙す抜群のユーモア

エリザベス女王、休暇中はオーラを消して別人に 「私が女王だなんて!」一般人を騙す抜群のユーモアの画像

普段の生活や旅行先でエリザベス女王に出会うなんて想像できるだろうか。女王は常にボディガードに囲まれていると思いきや、実はそうではないようだ。実際に道を歩いていて女王にばったり出会った人がおり、その時に女王がとったセンスとユーモアにあふれる対応をご紹介したい。


エリザベス女王(96)は昔からアウトドアが大好きで、自分の空間とプライバシーを大切にすることで知られている。夏にはお気に入りの場所であるスコットランドのバルモラル城に滞在し、クリスマスになるとノーフォークで12月から2月まで滞在する。滞在中の女王は自由を謳歌し、しばしば長い散歩に出かけたり、地元の村の商店に立ち寄って買い物をしたりするそうだ。

一般市民はエリザベス女王が鮮やかな色の帽子とコートを着ているのを見慣れているので、女王が普段とは異なる服装で現れると本人と分からなくなる可能性は十分にあるという。

ある老婦人が、女王が普段着で頭にスカーフを巻いて村の小さな店に入っていくところに出くわした時、まさにそのようなことが起こったそうだ。

いかにして本人と気付かれなかったことを、アーティストのジュリエット・パネットさん(Juliet Pannett)の証言をもとに英メディア『The Mirror』が伝えている。

エリザベス女王がノーフォークのサンドリンガム・ハウスでアフタヌーンティーを楽しもうとした時にケーキがないことに気付き、女王はトレードマークのスカーフを頭に被り、ケーキを買うために村の商店に向かって歩いたという。

その時、ある老婦人がエリザベス女王に「あら、まるで女王そっくりね」と声をかけたそうだ。すると女王は「私が女王だなんて、なんと心強いことでしょう」と答えたという。

信じられないような話だが、一般市民が対面したのに女王と認識できなかったことはこれが初めてではない。ある年、女王がスコットランドのバルモラル城の近くを散歩していた時、アメリカ人観光客のグループから「女王に会ったことはある?」と尋ねられたそうだ。女王はそばにいた王室警備官リチャード・グリフィン氏(Richard Griffin)を指差して、「私は会ったことはありませんが、この警官は会いましたよ」とユーモア溢れる対応をしている。

また1991年にロイヤル・ウィンザー・ホース・ショーの会場で、警備員から「申し訳ありませんが、ステッカーがないと入れません」と言われた女王はこのように答えたそうだ。

「あなたが確認すれば、私は入ることができると思いますよ。」

警備員はのちに、女王を「道に迷った愛らしいお年寄りだと思った」と明かしていた。

今年即位70周年を迎えたエリザベス女王。ユーモアセンスにあふれ、好奇心や遊び心などを持ち続けることも、長きにわたって国民から愛され続ける所以なのだろう。

画像は『The Royal Family 2021年5月21日付Instagram「Swipe through for some of this week’s highlights」、2021年10月1日付Instagram「Today The Queen and The Duke of Rothesay welcomed local schoolchildren onto the Balmoral Estate to mark the start of the @QueensGreenCanopy tree planting season in the UK.」、2020年2月5日付Instagram「‘Keeping Norfolk’s feet dry’ is how staff at Wolferton’s Pumping Station describe their work.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 雨宮瑠亜奈)

関連記事(外部サイト)