チャールズ皇太子、休暇先で毎日エリザベス女王を異例の訪問 健康状態を懸念か

チャールズ皇太子、休暇先で毎日エリザベス女王を異例の訪問 健康状態を懸念か

チャールズ皇太子、休暇先で毎日エリザベス女王を異例の訪問 健康状態を懸念かの画像

チャールズ皇太子(73)が休暇先のバルモラル城で、毎日エリザベス女王(96)のもとを訪問していると報じられた。通常であればスタッフが訪問を手配するが、皇太子は無計画で女王に会いに行っているという。


エリザベス女王は現在、スコットランドのアバディーンシャーに所有するバルモラル城で毎年恒例の夏季休暇を過ごしている。通常はチャールズ皇太子をはじめとする王室メンバーも参加し、家族で休暇を楽しむのが伝統だ。

女王は7月末にバルモラル城に到着後、健康状態への懸念が高まったため伝統的な歓迎式典を中止し、非公開で縮小したセレモニーに切り替えた。

通常であれば女王は10月まで滞在するが、今年は英ボリス・ジョンソン首相が9月6日に退任することを発表したため休暇を中断してバッキンガム宮殿に戻り、新たな首相を任命することになっていた。

しかし英メディア『The Sun』は現地時間25日、女王は移動するのが困難なため、バルモラル城で新首相を任命するという歴史上初の極秘計画が作成されたと報じたのである。

この件に関し、現在のところバッキンガム宮殿は正式なコメントなどを発表していない。

そんな女王の健康状態を懸念してか、同メディアは26日、チャールズ皇太子が休暇先で毎朝、女王のもとに異例の訪問をしていることを伝えた。

女王は通常教会での日曜礼拝に出席するが、今年はバルモラル城に到着して以来姿を現していないという。

英誌『Majesty』の編集長で王室伝記作家のイングリッド・スワード氏は、チャールズ皇太子がスタッフの手配なしで女王のもとを訪れていることについてこのように説明した。

「チャールズが母親に会うために、このような計画なしの訪問をするのは非常に異例です。彼はとても深慮深い人物です。フィリップ王配が他界した今、女王は他に誰を頼れば良いのでしょう?」

そう述べた後、スワード氏は王室メンバーが女王と頻繁に会うことは簡単ではないと明かした。

「誰もが彼らはいつも会っていると思っているでしょう。しかしそうではないのです。それぞれがイギリス各地で別々の場所に住んでいます。彼らはしょっちゅう、お互いに会えないのを地理のせいにしていますよ。」

画像は『The Prince of Wales and The Duchess of Cornwall 2022年7月1日付Instagram「On his second day in Holyrood, The Duke of Rothesay joined The Queen at the Reddendo Parade in the gardens of the Palace of Holyroodhouse.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)