レオナルド・ディカプリオと噂の新恋人ウクライナ人モデル(22)「『タイタニック』は見た方がいい」

レオナルド・ディカプリオと噂の新恋人ウクライナ人モデル(22)「『タイタニック』は見た方がいい」

レオナルド・ディカプリオと噂の新恋人ウクライナ人モデル(22)「『タイタニック』は見た方がいい」の画像

俳優レオナルド・ディカプリオ(47)は交際していたカミラ・モローネ(25)との破局が報じられたばかりだが、すぐに新しい恋人ができたようだ。今回もレオナルドの“恋愛ルール(25歳以下)”は守られており、お相手は22歳のウクライ人モデルだという。


レオナルド・ディカプリオが4年間付き合った25歳のモデル兼女優カミラ・モローネと夏の初めに交際を解消したと報じられたのはつい先日のこと。しかしレオナルドは7月、今回ロマンスの噂が浮上したマリア・ベレゴワ(Maria Beregova)と仏南東部コートダジュールのサントロペでパーティーをしている写真を撮られており、そのマリアとの関係は先に進んでいたようだ。

ウクライナ人のモデルで22歳というマリアについて、英メディア『The Mirror』は次のように伝えている。

マリアはかつてアーメド・マスード・アブデルハフィドさん(Ahmed Masoud Abdelhafid、30)と結婚していたが、旅行中に旧姓に戻ったという。スイスで育ち、私立の寄宿学校に通っていたが現在は英ロンドンに住んでおり、家族の製薬会社を引き継ぐためビジネス弁護士資格取得に向けて勉強中とのことだ。

そんなマリアが現地時間2日、オーストラリアのラジオ番組『The 2Day FM Morning Crew』に出演し、レオナルドとの写真について質問されたマリアは次のように答えている。

「私のプライベートについては何も話すことができません。」

その後、レオナルドの代表作である映画『タイタニック』を見たことがあるかどうかを尋ねられると、このように述べた。

「この映画を見たことがない人はいますか? 見たことがないなら、家に帰ってその映画を見たほうがいいですよ。」

なお元恋人のカミラは2019年、何度も繰り返されてきたレオナルドとの年齢差に関する質問に対してこう反論していた。

「ハリウッドでも、世界の歴史を見ても、大きな年齢差のある関係はたくさんあります。私はただ、誰でも自分が付き合いたい人と付き合えるようになるべきだと思う。」

2人が破局して以来、レオナルドは25歳以上の人と公に付き合うことはない―と話題になったが、心理学者のエマ・ケニーさん(Emma Kenny)は英メディア『The Sun』に彼の恋愛について以下のように考察している。

「長期的な付き合いができないのは、彼の性格上の欠点とみる人もいるかもしれませんが、むしろ人間関係が長続きしないハリウッドの気まぐれな世界を理解しているからこそ、身についたものである可能性が高いのです。」

「両親は彼が幼児の時に離婚しており、長期的な関係に対する彼の認識が歪んでいる可能性があります。レオナルドは相手に飽きるか、相手が結婚や子供を持つことで落ち着きたいということを認識するまで、一緒にいたい人を選ぶことができる、普通とは全く異なる立場にいるのです。彼が付き合う女性の年齢や関係が終わる時期は、こうした人生の指標と一致しているようです。」

「またレオナルドは単に自分の冒険を諦めるつもりはなく、従う必要を感じない社会の筋書に適合することを拒否しているのかもしれません。」

レオナルドは過去にナオミ・キャンベル、ジゼル・ブンチェン、ブレイク・ライブリー、バー・ラファエリ、ニーナ・アグダルらと付き合っていたが、交際中の相手の年齢はすべて25歳以下である。

画像2枚目は『Maria Beregova 2022年8月8日付Instagram「Gold or White」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 雨宮瑠亜奈)

関連記事(外部サイト)