エリザベス女王、バルモラル城で新たな英首相を任命 王室ファンは「元気な姿が見れて嬉しい!」

エリザベス女王、バルモラル城で新たな英首相を任命 王室ファンは「元気な姿が見れて嬉しい!」

エリザベス女王、バルモラル城で新たな英首相を任命 王室ファンは「元気な姿が見れて嬉しい!」の画像

エリザベス女王(96)が、スコットランドのバルモラル城で英国の新首相を任命した。最近は健康状態が懸念されている女王の姿が公開されると、王室ファンからは「美しい!」「いつも通り素敵だ」といったコメントが寄せられた。


現地時間6日、ボリス・ジョンソン氏(58)が退任したことに伴い、リズ・トラス氏(47)が新たな首相に就任した。

ジョンソン氏は同日朝、首相官邸前で最後の会見を行った後、スコットランドのバルモラル城に向かい、エリザベス女王に辞表を提出した。

午後には後任となるトラス氏がエリザベス女王と謁見するためバルモラル城を訪問した。通常であれば女王はバッキンガム宮殿で新首相を任命するが、最近は移動が困難なため夏季休暇中のバルモラル城で行うという異例の任命式となった。

新首相となったトラス氏は“キッシング・ハンド(kissing hands)”と呼ばれる政権移譲の手続きを終えた後、バルモラル城をあとにした。

同日、バッキンガム宮殿は声明を発表し「女王は本日、名誉あるエリザベス・トラス議員に謁見し、新政権を樹立させるよう要請しました。トラス氏は女王の申し出を受け入れ、首相兼大蔵省第一卿に任命されたことの手続きを済ませました」と述べた。

トラス氏の本名は「メアリー・エリザベス・トラス」だが、ミドルネームの“エリザベス”を省略した“リズ”の愛称で呼ばれている。そのため多くの英メディアは、「リズがリズと会った」との見出しでトラス氏がエリザベス女王と謁見したことを大々的に報じた。

この日、バッキンガム宮殿の公式SNS「The Royal Family」はバルモラル城の部屋で女王とトラス氏が握手を交わす瞬間を公開した。

女王はグレーのシャツとカーディガンにチェック柄のスカートをはき、笑顔で手を差し出している。片手には杖をつき、もう片方の手には愛用している黒いハンドバッグを提げている。手前に立つトラス氏は黒いドレスを着て、女王に手を差し伸べていた。

女王は最近歩行が困難なため、バルモラル城ではチャールズ皇太子が毎日会いに行っていることが報じられるなど健康状態が懸念されていた。

そんな女王の姿が久しぶりに公開されたことに、王室ファンからは「美しい!」「元気な姿が見れて嬉しい」と喜ぶ声のほか、このようなコメントが寄せられた。

「女王の姿が見れるなんて、素晴らしい!」
「とても弱々しく見える。なんて女性なんだ!」
「女王を見て! いつも通り、すべてが素敵よ。」

画像は『The Royal Family 2022年6月2日付Instagram「Thank you for a wonderful first day of the #PlatinumJubilee Celebration Weekend!」、2022年9月6日付Instagram「The Queen received Liz Truss at Balmoral Castle today.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)