エリザベス女王、医師の指示により公務を急遽延期に

エリザベス女王、医師の指示により公務を急遽延期に

英女王 医師判断で公務延期

エリザベス女王、医師の指示により公務を急遽延期に

エリザベス女王、医師の指示により公務を急遽延期にの画像

エリザベス女王(96)が医師のアドバイスを受け、予定していた枢密院とのオンライン会議を延期した。女王は前日に英国新首相の任命式を行い、杖をつきながら立つ姿が公開されたばかりだった。


エリザベス女王は現地時間6日、夏季休暇で滞在中のスコットランドのバルモラル城で英国の新たな首相となるリズ・トラス氏(47)の任命式を行った。

通常、新首相の任命式はバッキンガム宮殿で行うが、最近の女王は移動が困難なため今回は異例の出来事となった。

当日は退陣したボリス・ジョンソン氏(58)がバルモラル城を訪問して女王に辞表を提出。その後トラス氏が女王に謁見し、正式に首相に任命された。

同日バッキンガム宮殿の公式SNS「The Royal Family」は、バルモラル城のドローイング・ルームで女王が片手に杖をついて立ち、トラス氏と握手を交わす姿が公開されていた。

翌7日の夜には、女王が枢密院とオンライン会議を行う予定だったが、医師の判断により急遽延期となったのだ。枢密院とは女王に助言を与える正式な機関である。

バッキンガム宮殿は7日に声明を発表し、このように伝えた。

「昨日、丸一日公務を行った女王陛下は本日午後、医師からの安静勧告を受け入れました。そのため今晩行う予定だった枢密院の会議は、再調整されることになりました。」

英メディア『BBC』によると、女王はバルモラル城にとどまっており入院などの必要はないという。

今回行われるはずだった枢密院の会議では、トラス氏が第一外務大臣としての宣誓を行い、新閣僚が職務に就任する予定だった。

女王は今年7月末にバルモラル城に到着したが、健康状態の懸念が高まったために伝統的な歓迎式を中止し、代わりに非公開で縮小したセレモニーを行うことに変更していた。

8月には、バルモラル城での休暇に参加したチャールズ皇太子が毎日のように女王に会いに行っていると報じられた。皇太子はスタッフの手配なしで面会していると伝えられたため、さらに女王の健康状態が心配されていた。

エリザベス女王は70年にわたる在位期間中、トラス氏を含む15人の首相を任命してきた。6日に女王がトラス氏と握手する姿が公開されると、王室ファンから「弱々しく見える」という声があったものの「元気そうで嬉しい」と女王を支持する声で溢れ返っていた。

画像は『The Royal Family 2022年6月1日付Instagram「Thank you to everyone who has been involved in convening communities, families, neighbours and friends to mark my Platinum Jubilee」、2022年9月6日付Instagram「The Queen received Liz Truss at Balmoral Castle today.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)