ヘンリー王子、他の王室メンバーを残して一足先にバルモラル城を去る

ヘンリー王子、他の王室メンバーを残して一足先にバルモラル城を去る

ヘンリー王子、他の王室メンバーを残して一足先にバルモラル城を去るの画像

現地時間8日に崩御したエリザベス女王のもとに向かったヘンリー王子が、他の親族より一足先にバルモラル城を後にする姿が目撃された。王子は女王が亡くなった後に到着したが、翌日早朝には出発しメーガン妃が滞在しているウィンザーのフロッグモア・コテージに戻ったという。


ヘンリー王子は8日午後にロンドンのルートン空港を発ち、バルモラル城に到着したのはバッキンガム宮殿がエリザベス女王の崩御を発表した1時間半後となる午後8時前だった。

バルモラル城ではチャールズ3世とアン王女がエリザベス女王を見守ったが、ロンドンから駆けつけたウィリアム王子とアンドルー王子、エドワード王子&ソフィー王妃は、最期の看取りに間に合わなかった。

ヘンリー王子は、ウィリアム王子らが乗る飛行機のあとにアバディーン空港に着いたため、女王のもとへは最後に到着した王族メンバーだった。

バルモラル城に着いたヘンリー王子は、家族とともに女王を12時間弔った後、翌9日朝には親族を残してバルモラル城を早々と去ったのだ。

英メディア『Daily Mail Online』によると、ヘンリー王子は午前8時28分にレンジローバーの後部座席に乗り、アバディーン空港へ向かった。空港に到着すると警察官に先導され、午前10時にヒースロー空港行きの便に搭乗したという。

同メディアが掲載した写真によると、バルモラル城に車で到着したヘンリー王子は黒いネクタイとスーツ姿で、車内では片手を額に当てて深く沈んでいるような表情だった。

ヘンリー王子とメーガン妃は、ヨーロッパでのチャリティイベントに出席するため、偶然にも3日に英国に到着していた。

8日はロンドンで開催する「ウェルチャイルド・アワード(WellChild Awards)」に参加し、王子がスピーチを行う予定だった。しかし女王の健康状態が急変したことを受け、夫妻は出演を急遽取りやめた。

当初夫妻の広報担当者は、メーガン妃もバルモラル城に行きヘンリー王子と合流すると伝えていたが、その後ロンドンに留まることに決定した。

エリザベス女王はヘンリー王子夫妻が渡英すると発表した後、バルモラル城の休暇に参加するように招待していた。しかし夫妻は、警備の問題を懸念して自由時間に女王に会いに行くのは断念したと報じられた。

エリザベス女王の国葬は19日に執り行われるが、ヘンリー王子夫妻は予定を変更して国葬が終わるまで英国に滞在するとみられている。

画像は『The Royal Family 2019年4月25日付Instagram「The Duchess of Cambridge, @kensingtonroyal, The Duke of Sussex, @sussexroyal, and The Duke of Gloucester have this afternoon attended a service at @westminsterabbeylondon to commemorate #ANZACDay.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)