チャールズ国王、女王の最期にメーガン妃の立ち会いを拒否「正しくも適切でもない」

チャールズ国王、女王の最期にメーガン妃の立ち会いを拒否「正しくも適切でもない」

新国王メーガン妃訪問拒否か

チャールズ国王、女王の最期にメーガン妃の立ち会いを拒否「正しくも適切でもない」

チャールズ国王、女王の最期にメーガン妃の立ち会いを拒否「正しくも適切でもない」の画像

チャールズ国王が、メーガン妃エリザベス女王の最期を看取りに来ることを拒否したと報じられた。当初、ヘンリー王子は夫婦でバルモラル城に向かうと発表されたが急遽予定が変更され、王子が単独で女王のもとを訪れていた。


現地時間8日、エリザベス女王が医師団の管理下に置かれたため女王の直近の王族メンバーがバルモラル城に向かった。

女王の病床にはチャールズ国王とアン王女が付き添い、バッキンガム宮殿は午後6時30分、当日の午後に女王が静かに息を引き取ったと発表した。

ウィリアム王子とアンドルー王子、エドワード王子は王立空軍機で向かったものの、女王の最期を看取るのには間に合わなかった。

この日、キャサリン妃は転校先の学校で初めての授業を受けている3人の子供達を迎えに行くため、ウィンザーに留まった。

エドワード王子は妻のソフィー妃を伴っていたが、妃は女王から第2の娘と慕われていたため、その場に参加したとみられている。

『PA通信』では当初、英国に滞在中のヘンリー王子とメーガン妃は他の王族メンバーとは別々にバルモラル城に向かうと発表していた。夫妻はチャリティイベントに出席するため渡英しており、この日はウィンザーのフロッグモア・コテージに滞在していた。

しかし発表から30分も経たないうちに、ヘンリー王子はメーガン妃を残して単独で行くことになったと伝えたのだ。ある無名の情報筋は、妃は後日スコットランドに向かい、夫と合流する予定だと話したという。

ヘンリー王子は女王の崩御が発表された約1時間半後にバルモラル城に到着し、翌日の朝には他の王族を差し置いてひと足先に城を後にした。

英メディア『The Sun』によると、ヘンリー王子夫妻の計画を変更したのは王子の父チャールズ国王だったという。

女王が瀕死の状態だった時、チャールズ国王はフロッグモア・コテージにいるヘンリー王子に電話をかけ、メーガン妃を連れてこないように伝えたそうだ。

同メディアの情報筋は「チャールズはヘンリーに対し、このような深い悲しみの時にメーガンがバルモラルに来るのは正しくも適切でもないと言ったのです」と明かし、こう続けた。

「キャサリンが行かないことも告げ、その場に立ち会うのは、女王にごく近い家族に限定することを指摘したのです。チャールズは、メーガンが歓迎されないことを明確にしました。」

英メディア『The Telegraph』によると、ウィリアム王子を含む親族がバルモラル城に向かった際には、憲法上の理由によりヘンリー王子が呼び出されなかったと説明している。

同メディアの情報筋は「自分に関する暴露本を出版しようとする人物と、長い時間を過ごすのは嫌ですから」と述べ、「正直言って、ヘンリーとメーガンに対しては一般的に『容易に信じてはいけない』という反応があるのです」と明かしている。
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)