新国王チャールズ3世、王立継承評議会で即位を正式宣言「重い任務を遂行し、残された人生を捧げる」

新国王チャールズ3世、王立継承評議会で即位を正式宣言「重い任務を遂行し、残された人生を捧げる」

新国王チャールズ3世、王立継承評議会で即位を正式宣言「重い任務を遂行し、残された人生を捧げる」の画像

エリザベス女王が現地時間8日に崩御したことに伴い、新国王となったチャールズ3世(73)が正式に即位を宣言した。儀式は伝統的に行われているものの、歴史的な瞬間がテレビで放送されるのは今回が初めてだ。


英時間10日午前10時、ロンドンのセントジェームズ宮殿で「王立継承評議会(Accession Council)」が執り行われ、チャールズ3世が国王としての即位を正式に宣言した。

法の下では、新国王はエリザベス女王が死去した瞬間に自動的に即位したが、ノルマン征服時代から続く諮問機関である王立継承評議会により、正式に国家元首としての役割が発表されるのが伝統だ。

儀式は何世紀にもわたり行われてきたが、今回初めてその様子がテレビで放送されたのである。

当日のセントジェームズ宮殿には、英元首相であるボリス・ジョンソン、テリーザ・メイ、デーヴィッド・キャメロン、ゴードン・ブラウン、ジョン・メージャーのほか政治家や大司教、判事などが集まった。

第1部では枢密院が国王を公布し、公布の段取りを含む様々な結果的命令を国王の出席なしに正式に承認した。

第2部ではチャールズ3世がカミラ王妃とウィリアム王子を伴い、国王の宣言をした後に演説でこう述べた。

「私は、我々全員が被った治癒不可能な喪失について、あなた方と国民、全世界の人々がどれほど深く同情してくれているかを理解しています。」

そして「私に課せられた重い任務を遂行し、残された人生を捧げます」と国王として生涯公務を続けることを約束した。

続いて短い個人的な言葉を述べた後、女王の死に関する正式な宣言を行い、イングランド国教会から分離したスコットランド国教会を「守る」という誓いを立てた。この宣誓は、1707年以来のイングランドとスコットランドの連合を象徴するものとなる。

午前11時には、セントジェームズ宮殿のフライアリーコートを見下ろすバルコニーからトランペットが鳴り響き、国王宣言を告げる主文が読み上げられた。

その後、ハイドパーク、ロンドン塔、エディンバラ城、ヒルズボロ城、カーディフ城で銃礼が行われ、イングランドの歩兵連隊「コールドストリームガード」のバンドと王立騎兵隊の8人のステートトランペッターによる国歌が演奏された。

午後12時には、ロイヤル・エクスチェンジで2回目の宣言文が読み上げられた。

英メディア『Daily Mail Online』によると、チャールズ国王を乗せたロールス・ロイスがバッキンガム宮殿に戻ってくると、集まった群衆から「ゴッド・セイヴ・ザ・キング!」の歓声が響き渡った。国王は涙を浮かべ、微笑みながら人々に向けて手を振っていたという。

画像は『The Royal Family 2022年9月10日付Instagram「His Majesty The King gives a personal declaration at today’s Accession Council, where he was formally proclaimed King Charles III.」、2022年9月10日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)