ヘンリー王子、エリザベス女王の国葬で軍服着用は許可されず モーニングスーツを着る予定と発表

ヘンリー王子、エリザベス女王の国葬で軍服着用は許可されず モーニングスーツを着る予定と発表

ヘンリー王子、エリザベス女王の国葬で軍服着用は許可されず モーニングスーツを着る予定と発表の画像

故エリザベス女王の国葬で、ヘンリー王子が軍服を着る許可が下りなかった。国葬では現役の王室メンバー全員が軍服を着なければならないが、すでに公務から退いたアンドルー王子には軍服を着る特別許可が下りた。ヘンリー王子のスポークスパーソンは、王子はモーニングスーツを着ると発表している。


現地時間8日に崩御したエリザベス女王の国葬が、19日にロンドンのウェストミンスター寺院で執り行われることが発表された。

チャリティイベントに出席するため渡英していたヘンリー王子は、メーガン妃や家族とともに祖母である女王の国葬に参列することになる。

国葬を含む女王の追悼儀式では、現役の王室メンバー全員が軍服を着用するように定められているが、ヘンリー王子だけは軍服を着る許可が下りなかったのだ。

女王の息子アンドルー王子もすでに公務から退いており、今年1月には軍の称号などを剥奪されている。そのため12日にエディンバラで執り行われた女王に棺を運ぶ行進では、軍服を着ていなかった。

しかし国葬では、母親との最後の別れに敬意を表するためアンドルー王子が軍服を着ることが特別に許可されたと、英紙『The Independent』が報じた。

ヘンリー王子は現役の王室メンバーだった頃、アフガニスタンに2度派遣するなど最前線で活躍した。だが2020年3月に王室離脱して米国に移住したこともあり、アンドルー王子と同じ扱いは受けられなかったようだ。

エリザベス女王は2020年1月にサンドリンガムで会議を開催し、ヘンリー王子夫妻が王室離脱後には12か月の移行期間を設け、期間終了後は再度会議で検討するとの結論を出していた。

しかし2021年2月には、最後の決断に至る前に王室メンバーが夫妻と会話をし、2人が保持する軍の名誉称号や役職などを返上することに決まったと報じられた。

王室伝記作家のヒューゴ・ヴィッカーズ氏(Hugo Vickers)は、13日に人気番組『Good Morning Britain』にゲスト出演し、ヘンリー王子だけが軍服を着ることが許可されない理由について次のように説明した。

「物事は変化します。しかし忘れてはならないのが、ヘンリーは1年間さまざまなポジションに留まり、自分のやりたいことを決めるというオプションが与えられていたということです。」

「その後、彼はカリフォルニアに留まることにしました。カリフォルニアに住み、日常的にジーンズをはくような男性は英国海兵隊の大将にはなれませんからね。両方は無理なんです。その場にいて、姿を見せなければならないのです。」

今回の報道を受け、サセックス公爵の広報担当者は同日、英『ITV News』の取材に対して次のように述べた。

「ヘンリー王子は祖母を称えるイベントの期間中、モーニングスーツを着用する予定です。王子の10年にわたる軍務は、彼が着用する制服によって決まるものではありません。エリザベス2世女王陛下の生涯と遺産に焦点を当て続けるよう、謹んでお願い申し上げます。」

画像2枚目は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年11月10日付Instagram「Today, The Duke and Duchess of Sussex joined Her Majesty The Queen and members of @TheRoyalFamily at the National Service of Remembrance at the Cenotaph to commemorate and honour the men and women who have lost their lives in conflict.」」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)