ウィリアム王子とヘンリー王子、女王の葬列で肩を並べて歩く 母ダイアナ妃の葬儀を思い出させる

ウィリアム王子とヘンリー王子、女王の葬列で肩を並べて歩く 母ダイアナ妃の葬儀を思い出させる

ウィリアム王子とヘンリー王子、女王の葬列で肩を並べて歩く 母ダイアナ妃の葬儀を思い出させるの画像

現地時間14日、ロンドンで故エリザベス女王の棺を運ぶ葬列が取り行われた。バッキンガム宮殿からウェストミンスター宮殿へと向かう行進ではウィリアム王子とヘンリー王子が肩を並べ、棺の後を歩いた。2017年の故ダイアナ妃の葬儀で、10代だった頃の兄弟が棺の後ろを歩いた辛い思い出が蘇ったかのようだった。


英時間14日の午後2時22分、エリザベス女王の棺がバッキンガム宮殿から運び出された。棺は1901年に執り行われたヴィクトリア女王の葬列から伝統となった砲車に乗せられ、宮殿前の並木道「ザ・マル」を下りウェストミンスター宮殿へと向かった。

女王の棺にはスコットランド王室の紋章かつ王室旗である“ロイヤル・スタンダード”がかけられ、紫のベルベットのクッションの上に置かれた大英帝国王冠と白いバラやダリアなどを束ねたブーケが添えられた。

行進はザ・マルからホース・ガーズ・ロードを進み、ホース・ガーズ・パレードからホワイトホール、パーラメント・スクエアへと歩いた後、ウェストミンスター宮殿内のホールに入場した。

葬列では女王の子供達や孫、他の上級王族メンバーらが葬送行進曲に合わせて行進した。棺の後方の最前列には女王の4人の子供達であるチャールズ国王とアン王女、アンドルー王子とエドワード王子が歩いた。

その後ろには、女王の孫であるウィリアム王子とヘンリー王子が肩を並べて歩いたのである。2人の隣には、従兄のピーター・フィリップスさんが並んでいた。

王室メンバーは軍服を着ていたが、ヘンリー王子とアンドルー王子、ピーターさんはモーニングスーツを着用していた。

バッキンガム宮殿からウェストミンスター宮殿へと続く沿道には多くの群衆が集まり、女王の棺が通り過ぎるのを静かに見守った。

一方、王室メンバーの妻達は別々の車でウェストミンスター宮殿に移動した。1台にはカミラ王妃とキャサリン妃が、もう1台にはメーガン妃とソフィー妃が一緒に乗り、バッキンガム宮殿を出発した。

ウエストミンスター・ホールでは合流し、ヘンリー王子とメーガン妃はウィリアム王子とキャサリン妃の後ろで、カンタベリー大主教とウェストミンスター首席司祭による礼拝に参列した。

ウィリアム王子夫妻とヘンリー王子夫妻は、10日にウィンザー城の門前にサプライズ登場して集まった人々を驚かせたばかりだ。

4人が公の場で並ぶ姿が見られたのは、2020年3月以来だった。ヘンリー王子は王室離脱後、ウィリアム王子と兄弟間の確執が囁かれており、昨年4月の故エディンバラ公フィリップ王配の葬列では2人の間に従兄のピーターさんが入って歩いた。

1997年に執り行われた母ダイアナ妃の葬列では、当時15歳だったウィリアム王子と12歳だったヘンリー王子が、ダイアナ妃の弟チャールズ・スペンサー氏を間に挟んで歩いていた。

画像は『Sky News 2022年9月14日付Twitter「King Charles III, Prince Andrew, Prince Edward and Princess Anne walk behind the Queen’s coffin as it heads to Westminster Hall.」』『BBC News (UK) 2022年9月14日付Twitter「Queen Elizabeth II’s coffin arrives at the Palace of Westminster after a procession through streets from Buckingham Palace」』『ITV News 2022年9月14日付Twitter「Prince William and Prince Harry are walking together behind the Queen’s coffin in the historic procession in central London」「Prince Harry and Prince William stood near each other at the historic service in Westminster Hall」「Royal family members moved through Westminster Hall at the end of the service that was held before the late Queen Lies in State」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)