故エリザベス女王の「愛に満ちた思い出に」 バッキンガム宮殿が秘蔵写真を公開

故エリザベス女王の「愛に満ちた思い出に」 バッキンガム宮殿が秘蔵写真を公開

故エリザベス女王の「愛に満ちた思い出に」 バッキンガム宮殿が秘蔵写真を公開の画像

エリザベス女王の国葬後、バッキンガム宮殿が女王の未公開写真を公開した。女王は現地時間19日、亡き両親と妹と夫が眠る国王ジョージ6世教会に埋葬された。


現地時間19日、ロンドンのウェストミンスター寺院でのエリザベス女王の国葬後、ウィンザー城の敷地内にある聖ジョージ教会で埋葬礼拝が執り行われた。

午後7時30分には、敷地内にある国王ジョージ6世教会で家族だけの礼拝が行われ、女王は夫のエディンバラ公フィリップ王配の隣に埋葬された。この教会には女王の両親が埋葬され、妹マーガレット王女の遺灰も納められている。

女王が現地時間8日に崩御後、英国全土は10日間にわたり喪に服した。さらに葬儀後には、王室メンバーと王室職員、儀式に従事する軍隊などが7日間の喪中期間に入ることになる。

これを受け、バッキンガム宮殿の公式SNS「The Royal Family」はエリザベス女王を偲ぶ2枚の未公開写真を披露したのである。

最初の写真は、女王がフィリップ王配と結婚した1947年に撮影された、貴重な家族のモノクロームショットだ。

ソファーの上にエリザベス女王と、母エリザベス皇太后、父ジョージ6世が座り、その隣には女王の妹マーガレット王女が立っている。女王の後ろでは夫フィリップ王配がソファーの脇に腰かけていた。

貴重な家族写真には「今夜ウィンザーの国王ジョージ6世教会で、プライベートな埋葬が行われる予定です」との言葉が添えられ、こう続いた。

「女王は亡き夫エディンバラ公と一緒に、父である国王ジョージ6世、母のエリザベス皇太后、妹マーガレット王女とともに安置される予定です。」

さらにその後、1971年に女王がスコットランドのバルモラル城を囲む荒野でハイキングをしている写真が公開された。

頭にスカーフを巻き、サングラス姿の女王は、グリーンのジャケットにキルトのスカートを合わせて片手に杖をついている。

毎年夏季休暇を過ごすバルモラル城は、女王のお気に入りの場所として知られている。

投稿には「May flights of Angels sing thee to thy rest(天使達の歌声が、汝を安らかな眠りへと導いてくれますように)」とのメッセージが添えられた。

この言葉は、シェイクスピアの名作『ハムレット』の第5幕に登場する台詞を引用したものだ。チャールズ国王は9日にテレビ演説を行った際、この言葉を用いて女王を追悼していた。

宮殿が公開した写真には、最後に「女王陛下の愛に満ちた思い出に。1926年-2022年」との言葉が記された。

画像2、3枚目は『The Royal Family 2022年9月19日付Instagram「This evening a Private Burial will take place in The King George VI Memorial Chapel at Windsor.」「‘May flights of Angels sing thee to thy rest.’」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)