チャールズ国王、戴冠式は費用を抑えた縮小版を希望 女王の戴冠記念日と同日の可能性も

チャールズ国王、戴冠式は費用を抑えた縮小版を希望 女王の戴冠記念日と同日の可能性も

チャールズ国王、戴冠式は費用を抑えた縮小版を希望 女王の戴冠記念日と同日の可能性もの画像

チャールズ国王(73)の戴冠式が、故エリザベス女王の戴冠記念日と同じ日に行われる可能性があるという。来年の6月2日は、女王の戴冠式から70年目を迎える。国王は新たな王制を反映するため、費用を抑えて縮小した式典を望んでいるという。


英メディア『The Sun』が現地時間20日、チャールズ国王の戴冠式は2023年の5月か6月に執り行われる予定だと伝えた。会場となるウェストミンスター寺院では、すでにスケジュールが書き込まれているという。

エリザベス女王が1953年6月2日に戴冠式を行ってから、来年で70周年記念を迎える。そのため、国王がこの日を自身の戴冠式に選ぶ可能性があるともいわれているのだ。

女王は今月8日に崩御し、19日には国葬が営まれた。翌日20日には、国王とカミラ王妃がスコットランドのバルモラル城に移動し、7日間の喪中期間に入った。

しかし国葬から48時間後には、国王の戴冠式を計画する“Operation Golden Orb(金の宝珠作戦)”がすでに開始されたそうだ。

同メディアの情報筋は、「戴冠式は急ぐものではありませんし、やるべき計画が山ほどあるのです。世界情勢にもよりますが、開催は5月か6月になるでしょう」と明かしている。

そして「式典は、女王の戴冠記念日である6月2日に行う可能性もあります。このことは当然ながら、検討されています」と話し、こう続けた。

「王族は来週月曜日まで喪に服していることもあり、決定はすぐに下されるものではありません。しかし、来年には実現しなければと誰もが認識している。5月か6月が望ましい時期だと考えられています。」

英国では光熱費や物価が高騰するなど、国民が生活費に危機感を覚えている。そのため戴冠式は、これらを反映した計画が行われるという。

英メディア『Mirror』の情報筋は、「国王は、現代の英国人が感じている苦悩をよく理解しています。戴冠式は過去の長い伝統に忠実であるべきだが、現代世界における君主制を代表するべきだという、国王の願いを実現させるでしょう」と話している。

そして「国王は長い間、王政の合理化とスリム化を提唱しています。このプロジェクトは確実に、国王のビジョンに合致していると言えるでしょう」と加えた。

画像は『The Royal Family 2022年5月10日付Instagram「Today The Prince of Wales read The Queen’s speech at the State Opening of Parliament for the first time.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)