チャールズ国王、ヘンリー王子夫妻との再会で和解への希望を見出す

チャールズ国王、ヘンリー王子夫妻との再会で和解への希望を見出す

チャールズ国王、ヘンリー王子夫妻との再会で和解への希望を見出すの画像

冷戦状態が続くチャールズ国王とヘンリー王子夫妻の関係に、和解への大きな希望が見い出されたという。国王はエリザベス女王の国葬でヘンリー王子夫妻と会話した際、親子の関係を修復できると感じたと王室関係者が語っている。


ヘンリー王子とメーガン妃は2020年3月に王室離脱して米国に移住して以来、父チャールズ国王や家族との確執が報じられてきた。

しかし今月8日に崩御したエリザベス女王の国葬や追悼儀式では夫妻が他の王室メンバーと一緒に公の場に現れたことから、家族との関係修復の可能性が期待されていた。

19日には女王の国葬が営まれたが、その際ヘンリー王子夫妻と会話したチャールズ国王がお互いの関係を修復できる“希望の光”を見出したと英メディア『The Telegraph』が26日に報じたのである。

同メディアの王室関係者は「国王が2人の息子達を愛していることに、変わりはありません」と語っている。

ヘンリー王子夫妻は今月3日、ヨーロッパでのチャリティイベントに出席するため英国に到着した。8日には英国で最後のイベントに参加予定だったが女王が崩御したため滞在を延期し、国葬翌日の20日に米カリフォルニア州に戻った。

前出の情報筋は「この16日間ほどで、とてつもなく大きな希望の光が見えたのです。将来的に彼らが団結するきっかけになることが望まれます」と話す。

新たな君主に即位したチャールズ国王は、王室の近代化などさまざまな課題に直面することになる。

その中には、現役王室メンバーから退き米カリフォルニア州に移住したヘンリー王子夫妻にどう対処するかも含まれている。

女王が崩御した翌日、チャールズ国王は君主として初のテレビ演説を行った際「海外で人生を歩み続けるヘンリーとメーガンに対する、私の愛情も表現したい」と語っていた。

しかしヘンリー王子は国葬で軍服を着ることを許されず、国葬前に国王がバッキンガム宮殿で主催した各国首脳やVIPを招いたレセプションパーティにも招待されなかった。

ヘンリー王子夫妻の息子アーチー君(3)と娘リリベットちゃん(1)は、女王の崩御後に“プリンス(王子)”と“プリンセス(王女)”の称号が与えられる。

だが今のところ国王は正式に称号を授与しておらず、王室の公式ウェブサイト「The Royal Family』では子供達の名前に新たな称号は付けられていない。

このことについて、王室伝記作家のケイティ・ニコール氏は「それには『信頼』という注意事項があるのです。王室は、サセックス一家を信頼できると確信しなくてはならないのです」と解説している。

画像は『Clarence House 2018年2月14日付Instagram「Today The Prince of Wales hosted a meeting in London to discuss how organisations can work to improve coral reef health.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)