エリザベス女王の死因が明らかに 正式発表の3時間前に息を引き取る

エリザベス女王の死因が明らかに 正式発表の3時間前に息を引き取る

エリザベス女王の死因が明らかに 正式発表の3時間前に息を引き取るの画像

今月8日に崩御したエリザベス女王の死因が明らかになった。公開された死亡証明書によると、女王は老衰のためにバルモラル城で息を引き取ったという。


スコットランド国立公文書館(National Records of Scotland)が現地時間29日、故エリザベス女王の死亡証明書を公開した。スコットランド登録長官ポール・ロウ氏は、女王の死亡届は今月16日にアバディーンシャーで登録されたと報告している。

死亡証明書には、女王の名前が「エリザベス・アレキサンダー・メアリー」、苗字は「ウィンザー」と記され、通常の住まいは「ウィンザー城」、職業は「女王陛下」と記載された。

女王の夫エディンバラ公フィリップ王配は2021年4月に崩御したことから、婚姻関係の部分は「未亡人」となっている。

さらに女王の死亡時刻は8日の午後3時10分で、場所はバルモラル城と記された。そして死因は「老衰(old age)」と記されただけで、それ以上の詳細は書かれていない。

通常、死因が「老衰」とだけ記されるのは、証明する医師が長期にわたり見守り、患者の健康状態や機能が徐々に衰えたことを確認し、死因と特定できる病気や怪我を認識しない場合などに限られる。

認定登録医には、スコットランドの女王の主治医を担当したダグラス・ジェームズ・アレン・グラス氏の名前が登録された。グラス医師はスコットランドのアボインに住む開業医で、バルモラル城では薬剤師も務めていた。

また証明書の最後には、正式な通知者として女王の娘アン王女の名前が記載されていた。

バッキンガム宮殿は今月8日午後12時32分に声明を発表し、女王が医師の管理下に置かれたため、直近の家族がバルモラル城に集まることになったと伝えた。

この時、スコットランドにいたアン王女とチャールズ皇太子(当時)は女王の病床にすぐさま駆けつけたが、他の王室メンバーはロンドンにいたため航空機でスコットランドへと向かった。

ウィリアム王子(当時)やエドワード王子、ソフィー妃はアバディーン空港に午後4時前に到着、ヘンリー王子は午後8時前にバルモラル城にたどり着いた。

宮殿は午後6時30分に女王が崩御したことを発表したが、証明書による死亡時刻は午後3時10分だった。このことから、女王の最期を看取ったのはアン王女とチャールズ皇太子(当時)だけだったとみられる。

また後日には女王が息を引き取った際、病床で2匹の愛犬である“ミック(Muick)”と“サンディ(Sandy)”が付き添ったことが明らかになっていた。

19日の国葬後、女王はウィンザー城の敷地内にある国王聖ジョージ礼拝堂に埋葬され、亡き両親や夫の隣で永遠の眠りに就いた。

バッキンガム宮殿の公式SNSでは24日、女王が埋葬された礼拝堂に埋め込んだ墓碑の写真を公開したが、そこには女王の両親であるジョージ6世とエリザベス皇太后、その下にエリザベス2世とフィリップ王配の名前が刻まれていた。

画像は『The Royal Family 2022年9月8日付Instagram「The Queen died peacefully at Balmoral this afternoon.」、2022年9月24日付Instagram「A photograph is released today of the ledger stone now installed at the King George VI Memorial Chapel, following the interment of Her Majesty Queen Elizabeth.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)