デンマーク女王、孫達の称号剥奪を発表 王室スリム化を目指す英チャールズ国王の影響か

デンマーク女王、孫達の称号剥奪を発表 王室スリム化を目指す英チャールズ国王の影響か

デンマーク女王、孫達の称号剥奪を発表 王室スリム化を目指す英チャールズ国王の影響かの画像

デンマークのマルグレーテ女王(82)が、4人の孫に与えられた“王子”と“王女”の称号を取り消すと発表した。王室によると、女王の決断は孫達の将来のためであり、他国の王室がスリム化を目指していることに適応させたと述べている。


デンマーク王室が現地時間9月28日に声明を発表し、マルグレーテ女王が次男ヨアキム王子(Prince Joachim、53)の子供達から“王子”と“王女”の称号を取り消すと伝えた。

これにより女王の孫であるニコライ王子(Prince Nikolai、23)、フェリックス王子(Prince Felix、20)、ヘンリック王子(Prince Henrik、13)、アテナ王女(Princess Athena、10)は2023年1月1日以降、“モンペザ伯爵(Count of Monpezat)”または“モンペザ伯爵夫人(Countess of Monpezat)”の称号を使用することになる。

デンマーク王室は今回の決定について「女王陛下は、4人の孫達が人生をより大きく切り開ける枠組みを設けたいと考えています」と説明し、「近年、他国の王室があらゆる方法で実施する、同様の適応方針と一致するものである」と加えた。

女王は孫達がより普通の生活を送ることを望むと同時に、英国をはじめとするヨーロッパ各国を見習って王室のスリム化を目指したとみられる。

英メディア『Hello!』によると、声明発表後にコペンハーゲンの国立博物館でのイベントに出席したマルグレーテ女王は、集まった記者達から称号剥奪について質問されたという。

女王は「かなり以前から考えていたことで、彼らの将来にとって良いことだと思います。これが理由です」と言い、記者から「それは彼らのためですか?」と聞かれると「はい、もちろんそうです」と答えたそうだ。

女王の最初の孫であるニコライ王子とフェリックス王子は、ヨアキム王子と最初の妻アレクサンドラ伯爵夫人(Countess Alexandra)の間に生まれた息子達で、現在はファッションモデルとして活動している。

デンマークの雑誌『Se og Hør』によると、アレクサンドラ伯爵夫人は今回の女王の決断にショックを受け「子供達は仲間はずれにされたと感じている。彼らは自分達の称号を剥奪された理由を分かっていないのです」と話したという。

マルグレーテ女王は、エリザベス女王の国葬前夜にバッキンガム宮殿で開催したレセプションパーティに出席し、チャールズ国王や他国の王族と対面していた。

チャールズ国王は長い間にわたって王政の合理化とスリム化の必要性を語ってきており、マルグレーテ女王がチャールズ国王からインスパイアされた可能性もあるとみられている。

現在、英王室のウェブサイトに掲載中の継承順位では王室の最高位23名が掲載されている。しかし国王は今後、主要メンバーを自身とカミラ王妃、ウィリアム皇太子夫妻、アン王女、エドワード王子夫妻の7人に縮小することを望んでいると現地メディアが報じていた。

これらは国王が王室の費用を懸念したもので、自身の戴冠式も国民の感情を理解したうえで費用を抑えた縮小版にするとみられている。

チャールズ国王の即位後には王室の公式サイトの王族紹介ページが更新され、現役の王室メンバーの名前が完全に削除された。公務から退いたヘンリー王子夫妻とアンドルー王子のリンクは残っているものの、ページの最下部に移動している。

画像は『DET DANSKE KONGEHUS 2022年9月19日付Instagram「Aftenen inden Dronning Elizabeth II’s statsbegravelse samlede Hans Majestæt Kong Charles III udenlandske statsoverhoveder og kongelige,」、2022年8月31日付Instagram「Sommertogt til Smålandsfarvandet」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)