キム・カーダシアン、約217億円のプライベートジェット「キム・エアー」に乗るためのルールを家族にも強要

キム・カーダシアン、約217億円のプライベートジェット「キム・エアー」に乗るためのルールを家族にも強要

キム・カーダシアン、約217億円のプライベートジェット「キム・エアー」に乗るためのルールを家族にも強要の画像

リアリティースターのキム・カーダシアン(41)は、世界一の富豪ジェフ・ベゾス氏(58)が所有するものと同じモデルのプライベートジェットを2021年に購入した。自分好みにカスタマイズした約217億円(1億5千万ドル)の豪華なプライベートジェット「キム・エアー(Kim Air)」に乗るためにはルールがあり、たとえ家族であろうと守らなければならないという。


現地時間9月29日、米Huluのリアリティ番組『The Kardashians(邦題:カーダシアン家のセレブな日常)』シーズン2のエピソードで、キム・カーダシアンが妹のケンダル・ジェンナー(26)にプライベートジェットに乗るためのルールを説明した。

キムとケンダルは、プラダのファッションショーのためにミラノに行くことについて「FaceTime」のチャットで会話していたが、キムは自身のプライベートジェット「キム・エアー」に触れて「納品までに1年かかったプライベートジェットG650ERを汚さず、手つかずのような綺麗な状態のままに保持したいの」と強い口調で語った。

しかしケンダルが、フライト前に「速攻タイプの日焼けスプレーをするつもり」とキムに告げた。「フライトの前にスプレーで日焼け!?」とキムが尋ねると、ケンダルは「いや、この日焼けスプレーは3時間タイプの短いものだから。3時間座って、それからシャワーで流してから飛行機には乗るわ」と説明した。

だがキムは話を聞いておらず、ケンダルに「素敵な新しいカシミヤのシートが汚れたらどうするのよ」と言い、さらに次のように要求した。

「ねえ、カシミヤのシートを見たことはあるの? 私の大切なカシミヤのシートに日焼けスプレーして座るなんて許さないわよ。」

プライベートジェット「キム・エアー」は18人乗りで、レザーシートとクリーム色のカシミヤの内装が特徴である。キムはこのプライベートジェットを新品で購入し、カスタマイズの完了に丸1年かかったが、夏の旅行には間に合ったそうだ。

機体は、ロサンゼルスのカラバサスにあるキムの邸宅や高級車のコレクションに合わせた特注のグレー色にペイントされ、キムの好みに合わせて完全にカスタマイズされているという。

機内ではキムのランジェリーブランド「スキムズ(SKIMS)」のスリッパとパジャマが配られるが、スリッパは乗客に快適さを提供すると同時にキムの「機内では土足厳禁」というルールをさりげなく示唆している。キムが同機に乗ろうとする人達に要求するのは今回が初めてではく、同番組の6月のエピソードでは「プライベートジェットでは靴を履かない」ことを要求し、代わりに特注の「スキムズ」のスリッパを履かせることを明かしていた。しかもキムは、機内を見せながら「息をしないで、何も触らないで」と冗談を言っていた。

ちなみに同機は世界一の富豪ジェフ・ベゾス氏が所有するものと同じモデルで、キムはトップデザイナーのトミー・クレメンツ氏(Tommy Clements)とワルド・フェルナンデス氏(Waldo Fernandez)と共に内装を手掛けたと伝えられている。

なおプライベートジェットを所有するカーダシアン家のメンバーとして、キムとケンダルの妹カイリー・ジェンナー(25)が有名だ。彼女は2020年に約105億円(7280万ドル)のカスタマイズされたプライベートジェットBombardier Global 7500を購入している。しかしカイリーは今年7月、車で45分ほどの距離をプライベートジェットを利用して3分で到着したとして非難を浴び、「気候犯罪者」と呼ばれていた。

画像3、4枚目は『Kim Kardashian 2022年6月27日付Instagram「CAMP NORTH」』『Kylie 2022年7月15日付Instagram「you wanna take mine or yours ?」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 雨宮瑠亜奈)

関連記事(外部サイト)