故エリザベス女王に捧げられた“くまのパディントン”が引っ越しへ バッキンガム宮殿などで過ごした写真を王室が公開

故エリザベス女王に捧げられた“くまのパディントン”が引っ越しへ バッキンガム宮殿などで過ごした写真を王室が公開

故エリザベス女王に捧げられた“くまのパディントン”が引っ越しへ バッキンガム宮殿などで過ごした写真を王室が公開の画像

故エリザベス女王のために供えられたパディントンベア(くまのパディントン)のぬいぐるみが来週、“新しい家族”のもとに引っ越すことが決定した。女王の崩御後に捧げられた約1000体のぬいぐるみは、チャリティ団体に寄付するために王室が大切に管理していた。引っ越しに先立ち、王室のSNSではバッキンガム宮殿とクラレンス・ハウスで過ごしたパディントンベア達の思い出深い瞬間を紹介した。


生前のエリザベス女王は、今年6月に開催した即位70周年「プラチナ・ジュビリー」を祝うコンサートのオープニングビデオでパディントンベアと共演し、大きな話題となった。

女王が9月8日に崩御後には、パディントンベアの公式ツイッターが追悼メッセージを投稿。バッキンガム宮殿やウィンザー城などの門前には、訪れた弔問客から大量の花束やパディントンベアのぬいぐるみが供えられた。

その後、ぬいぐるみは回収され、10月にはバッキンガム宮殿の公式SNS「The Royal Family」がカミラ王妃が大量のパディントンベアに囲まれる写真を公開。約1000体のぬいぐるみは、子供達を支援する英チャリティ団体「Barnardo’s(バーナードス)」に寄付されると発表した。カミラ王妃は2016年からエリザベス女王の後を引き継ぎ、同団体のパトロンに就任している。

ぬいぐるみはすべて綺麗にクリーニングされ、バッキンガム宮殿とクラレンス・ハウス、ハイドパークにある「ロイヤル・パーク・ナーサリー」で大切に保管された。

そして現地時間18日、宮殿の公式SNSが「テディベアのトリビュート」と題した動画を公開し、パディントンベアのぬいぐるみが来週、“新たな家”に引っ越すことになったと発表したのである。

ぬいぐるみの新しい家族は、「バーナードス」がロンドン東部で運営するナーサリーだ。カミラ王妃は24日に同ナーサリーで“テディベアのピクニック”を開催し、パディントンベアのぬいぐるみを紹介するという。

同日、宮殿のSNSは引っ越しを前にしたパディントンベアが、宮殿やクラレンス・ハウスで過ごした日々を振り返る数枚の写真を公開した。

そのうちの1枚は、クラレンス・ハウスの書斎の本棚でパディントンベアが『Paddington Takes A Bath(パディントン、おふろにはいる)』の絵本と一緒に立つ姿や、モーニングルームにあるアームチェアにパディントンのファミリーが座っている様子だ。丸いテーブルの上にはエリザベス女王とエディンバラ公フィリップ王配のツーショット写真が置かれ、その前にはパディントンベアとマーマレードサンドイッチ、ティーカップが並んでいる。

別の写真では、パディントンベアがバッキンガム宮殿にあるグランドステアケース(大階段)の手すりを滑り降りるいたずらっぽい姿や、長いソファーの端にちょこんと座る様子を捉えている。

この他、パディントンベアが宮殿の玉座の間(スローン・ルーム)のドアの隣に立ち、豪華な部屋の内部を紹介している姿もある。

投稿には「クラレンス・ハウスとバッキンガム宮殿で素敵な滞在をしました(いたずらしないように頑張っています)。来週、新しい家に到着するのが楽しみです」とメッセージが記された。

なお来週、ナーサリーで開催するピクニックには、映画『パディントン』でブラウン家の主ヘンリー役を演じたヒュー・ボネヴィルと、長女ジュディ役のマデリン・ハリス、『くまのパディントン』の原作者マイケル・ボンド氏の娘であるカレン・ジャンケルさんも集まり、一緒にマーマレードサンドイッチを食べる予定だという。

画像は『The Royal Family 2022年10月15日付Instagram「Please look after this bear」、2022年11月18日付Instagram「We’ve had a lovely stay at Clarence House and Buckingham Palace」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)