故エリザベス女王が愛したウィンザー城、今年も巨大なクリスマスツリー登場

故エリザベス女王が愛したウィンザー城、今年も巨大なクリスマスツリー登場

故エリザベス女王が愛したウィンザー城、今年も巨大なクリスマスツリー登場の画像

生前のエリザベス女王が愛したウィンザー城に、毎年恒例の巨大なクリスマスツリーが登場した。女王の崩御後にチャールズ国王の公邸となった城内は、あらゆる場所にクリスマスの装飾が施された。また今年のクリスマスには、3年ぶりにサンドリンガムの邸宅で王室メンバーが集うことが決定した。


現地時間25日、英王室の美術コレクションを管理する「ロイヤル・コレクション・トラスト」の公式SNSが、ウィンザー城に設置された巨大なクリスマスツリーの動画を公開した。

動画では、城の周囲に広がる王立公園「ウィンザー・グレート・パーク」で育てられたモミの木が映し出され、次はこの木が城内の「セント・ジョージ・ホール(St George’s Hall)」にクリスマスツリーとして装飾される姿が登場する。

壮大なホールの天井まで届きそうな巨大なツリーは、高さが約6メートルもあるという。ツリーの飾り付けは2日間にわたり行われ、およそ3,000個のライトと数百個の虹色のオーナメント、紫色のベルベットとサテンのリボンなどが飾られた。ツリーのトップには大きな天使のオーナメントが装飾されている。

セント・ジョージ・ホールは、国賓を歓迎する晩餐会やレセプションパーティのために使用される部屋で、年間を通して一般公開もしている。クリスマスツリーは2023年1月2日まで展示する予定だ。

城内のあらゆる部屋はクリスマスの装飾がされており、別の動画では城内最大の部屋のひとつである「ウォータールーの間(Waterloo Chamber)」で、職員が飾り付けをする様子が映されている。

巨大なクリスマステーブルの上には、2世紀前にジョージ4世が購入したという金箔色のブロンズ像や、1863年にエドワード7世と結婚したアレクサンドラ王妃に贈られた陶磁器などが展示された。

また城内で最も華麗な部屋のひとつである「クリムゾン・ドローイング・ルーム(Crimson Drawing Room)」にもクリスマスツリーが展示されている。

巨大なクリスマスツリーの動画を見たフォロワーからは「なんて美しいツリー!」「マジカル!」「素晴らしいわね」と称賛のコメントが寄せられた。

ウィンザー城は生前のエリザベス女王がこよなく愛した住居として知られている。パンデミック時には恒例のサンドリンガムでのクリスマスの集いが中止されたため、女王は2年連続で城内にてクリスマスを過ごした。2020年は夫エディンバラ公フィリップ王配と2人で祝ったが、王配は2021年6月に崩御。同年のクリスマスには、チャールズ皇太子(当時)夫妻が城を訪問していた。

女王が今年9月に崩御後、ウィンザー城は君主に即位したチャールズ国王の公邸として引き継がれた。

なお今年のクリスマスには、チャールズ国王をはじめとする王室メンバーが再びサンドリンガムに集うことが決定した。今月14日には、サンドリンガム・ハウスがInstagramストーリーで巨大なクリスマスツリーが邸宅の中庭に運ばれる動画を公開していた。

画像は『The Royal Family 2021年11月30日付Instagram「I have spoken before of my deep and abiding affection for this wonderful country,」』『Royal Collection Trust 2022年11月24日付Twitter「Admire the 20-foot-high Nordmann Fir in St George’s Hall at Windsor Castle.」』『Royal Collection Trust 2022年11月25日付Instagram「See behind the scenes as the team finished decorating the huge Waterloo Table at Windsor Castle yesterday.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)