キャサリン皇太子妃、米ハーバード大学を単独訪問 千鳥格子のドレス姿に「とても優雅」絶賛の声

キャサリン皇太子妃、米ハーバード大学を単独訪問 千鳥格子のドレス姿に「とても優雅」絶賛の声

キャサリン皇太子妃、米ハーバード大学を単独訪問 千鳥格子のドレス姿に「とても優雅」絶賛の声の画像

キャサリン皇太子妃が、ハーバード大学の子供発達センターを単独訪問した。米訪問3日目となったこの日、皇太子妃は英国の伝統柄である千鳥格子のドレス姿で現れた。そのスマートな装いに、王室ファンはSNSで「威厳と気品と美しさがある!」などと大絶賛している。


キャサリン皇太子妃は夫・ウィリアム皇太子とともに、現地時間2日夜に開催した「アースショット賞」授賞式に出席するため、3日間にわたり米マサチューセッツ州ボストン市を訪れていた。

夫妻は11月30日にボストンに到着。市役所を訪問した後、屋内競技場「TDガーデン」をサプライズで訪れてNBAの試合を観戦した。

翌12月1日には、夫妻がマサチューセッツ州にあるインキュベーション施設を訪問。同日午後には、ボストンの観光名所として有名なボストンハーバーを訪れた。

そして2日には、キャサリン皇太子妃がボストン市郊外にあるハーバード大学の「子供発達センター(Center on the Developing Child)」を単独訪問したのである。

同センターは、ウィリアム皇太子夫妻が運営するチャリティ財団「ザ・ロイヤル・ファンデーション」と、皇太子妃が運営する幼児期に関するセンター「The Royal Foundation Centre for Early Childhood」を支援している。

この日、キャサリン皇太子妃はハウンドトゥースチェック(千鳥格子柄)のドレスを着用しており、センターのスタッフや集まった群衆からの歓迎を受けると、「アースショット賞」に着想を与えた「ムーンショット・プロジェクト」へと案内された。

皇太子妃が着ていたのは、ロンドンのブランド「エミリア・ウィックステッド(Emilia Wickstead)」による体にフィットしたミディ丈ドレスだ。軽量のジョーゼット素材を使用した英国伝統の千鳥格子柄で、クラシックな襟が付いている。

長袖に細いベルト付きのドレスは、ブランドの人気アイテム「マイルス・ドレス(Miles Dress)」をカスタムメイドしたものだ。オリジナルはノースリーブでベルトが付いていない。

片手には「マルベリー(Mulberry)」による青色のハンドバッグを持ち、「ジャンヴィト・ロッシ(Gianvito Rossi)」のダークな色のハイヒールを合わせていた。

皇太子妃がハーバード大学を訪問する姿が公開されると、王室ファンからは「威厳と気品と美しさがある!」「彼女はとても優雅だわ! それに重要なプロジェクトに関わっている」「訪問してくれて光栄です。懸命な公務と献身に感謝します」「王室を代表し、成熟した品格を備えている。素晴らしい公務をする素敵なロールモデル。私達の誇りよ」と絶賛した。

なお前日には、ヘンリー王子とメーガン妃がNetflixによるドキュメンタリー番組のトレイラーを公開したことから、「ウィリアム皇太子夫妻の邪魔をしている」と批判が高まっていた。そのためSNSでは「安っぽいNetflixに対するのは、ハーバード大学とサステナビリティ、公務の評価だね」「働く王族に対する邪悪な宣伝戦略を黙らせるには、ベストな方法。2人は素晴らしい仕事をしている」などという声も見受けられた。

画像は『The Prince and Princess of Wales 2022年12月2日付Instagram「Harvard University」』『The Royal Family Channel 2022年12月2日付Twitter「The Princess of Wales visits Harvard University to talk to experts about the early years development of children.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)