チャールズ国王、またもや生卵を投げつけられる 20代男を暴行容疑で逮捕

チャールズ国王、またもや生卵を投げつけられる 20代男を暴行容疑で逮捕

チャールズ国王、またもや生卵を投げつけられる 20代男を暴行容疑で逮捕の画像

チャールズ国王(74)が英ロンドン近郊の町ルートンを訪問中、群衆の中にいた男から生卵を投げつけられた。卵は国王に当たらなかったが、男はその場で地元警察によって逮捕された。国王は先月、英ヨークを訪問した際に大学生から数個の生卵を投げつけられるというハプニングがあったばかりだった。


チャールズ国王が現地時間6日、英バークシャー州のルートンを訪問した。この日の午前中は冷え込んだが、現地のタウンホール(庁舎)前の沿道には国王を歓迎するために何百人もの群衆が集まっていた。

英メディア『BBC』『Sky News』などによると、現地に到着した国王は、集まった人々と握手や対話をしたり写真撮影に応じるなどして交流を楽しんでいたという。

しかしそんな時、群衆の中で騒動が起こって警備員が動き出した。叫び声などは聞こえておらず、国王も動揺することなく冷静な様子を保っていたそうだ。

その後、チャールズ国王に向けて生卵を投げたとして20代の男を暴行容疑で逮捕したことをベッドフォードシャー警察が発表した。容疑者の男は現場のセント・ジョージ・スクエアで身柄を拘束され、尋問のために拘留された。

生卵は国王に当たらなかったが、騒動が起こった時は警備員によって群衆から一時的に遠ざけられたという。この後、国王は庁舎に入り、公務を行った後には沿道で待ち受けた人々と握手をするなどして再び交流したそうだ。

チャールズ国王が群衆の男から生卵を投げつけられたのは、今回が初めてではない。先月9日に英ヨークシャー州にある街ヨークを訪問中にも、男が国王めがけて数個の生卵を投げつけるというハプニングが起こっていた。

この時も今回と同様に国王が群衆と交流している最中で、男は生卵を投げながら「この国は奴隷の血で作られたんだ! 俺の国王じゃないぞ!」と叫んでいたという。男はパトリック・テルウェル(Patrick Thelwell、23)という大学生で、現場で警察官達に身柄を拘束され、ノース・ヨークシャー警察に逮捕された。

英メディア『The Mirror』によると、テルウェルは事情聴取を受けた後に釈放されたが、今後はチャールズ国王から500メートル以内に近づくことや、公の場で生卵を持ち歩くことを禁じられたという。

なおルートンを訪問した国王は現地の中心部を訪れたほか、新たに建設されたシク教の寺院「グル・ナーナク・グルドワラ(Guru Nanak Gurdwara)」でルートンのシク教による炊き出し「スープキッチン・スタンド」のボランティアの人々と交流した。

グレーのスーツを着た国王はシク教徒に敬意を表すため、グレーのチェック柄のターバンを頭に巻いていた。そしてインドやネパールで交わす挨拶である、胸の前で両手を合わせる「ナマステ」のジェスチャーをする場面も見られた。

画像は『Clarence House 2022年7月6日付Instagram「The Prince of Wales, as Patron of the National Botanic Garden of Wales,」』『The Royal Family 2022年12月6日付Instagram「At the newly built Guru Nanak Gurdwara,」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)