オジー・オズボーン、ツアーからの引退を表明「体力的に無理だと悟った」

オジー・オズボーン、ツアーからの引退を表明「体力的に無理だと悟った」

オジー・オズボーン、ツアーからの引退を表明「体力的に無理だと悟った」の画像

英ミュージシャンのオジー・オズボーン(74)が、健康状態の悪化を理由にツアーからの引退を表明した。オジーは2019年に自宅で転倒後、数年間にわたり脊髄手術や多くの治療を受け続けていた。同年に予定していたツアー公演は何度も延期された結果、今年5月からヨーロッパや英国を回ることが決定していたものの、オジーは「体力的に無理だと悟った」と述べ、今後のツアーをすべて中止することを決意したという。


オジー・オズボーンが現地時間1日に自身のSNSを更新し、予定していたヨーロッパと英国のツアー公演をキャンセルすると発表した。

オジーは2003年に四輪バイクで事故を起こして、瀕死の重傷を負った。2019年には米ロサンゼルスの自宅で肺炎を患った際に転倒してしまい、その際にバイク事故で負った傷が悪化したという。

そのためオジーはここ数年間、大規模な脊髄手術やその他の治療を受け続けていた。

2018年には「次のツアーが最後になる」とオジー自ら発表し、キャリアのラストとなるワールドツアー『No More Tours II』を開始。しかし2019年の公演は健康上の理由で延期され、翌2020年にはオジーがパーキンソン病を患っていることを公表していた。その後何度も日程が変更されたワールドツアーは、今年5月からヨーロッパや英国を回る予定だったものの、今回正式に中止が決定したのである。

オジーが最後にパフォーマンスを行ったのは、同ツアーの一環として2018年12月に米カリフォルニア州イングルウッドで開催した『オズフェスト』に出演した時だった。

このほど発表した声明文で、オジーは「これは恐らく、愛すべきファンのみんなと共有しなければならない、最も難しいことの一つだろう」と記し、こう続けた。

「みんなも知っている通り、俺は4年前の2月に大きな事故に遭い、背骨を損傷した。その間、俺の目的はただ一つ、ステージに戻ることだった。」

そして「俺の歌声は大丈夫だ」と伝えた後、「これまでに3度の手術、幹細胞治療と終わりのない理学療法、サイバニクス(HAL)治療などを受けたにもかかわらず、今も俺は身体的に弱くなっている」と述べた。

また何度も延期したショーのチケットを持っていてくれたファンに感謝の気持ちを伝え、ヨーロッパと英国を回るのは「体力的に無理だと悟った」と吐露した。

ツアーは移動が多く短期間に続けて公演を行うなど、体力的に過酷なものとなる。そのためオジーはファンに向けて、今後は別の形でコンサートを開催したいと希望を述べている。

「俺のツアーの日々が、このような形で終わるとは想像もしなかった。俺のチームは現在、都市や国を移動することなく、パフォーマンスできる場所のアイデアを考えているところだ。」

そして最後に、ファンやスタッフ、家族、長年の友人であるバンド「ジューダス・プリースト」のメンバーに向けて「限りない献身と忠誠、そしてサポートに感謝します」と言葉を添えた。

オジーがツアーを断念するという辛い思いを伝えると、フォロワーから「俺達はオジーを愛してるぜ!」「とても悲しい。一日も早く回復してね」「謝らなくていいし、これ以上泣かないでくれ。君は、僕達が感謝してもしきれないほどのものを与えてくれた。邪悪な者に休息はない。だから、これから先があることは分かっているが、今は休んでくれ」と応援するコメントで溢れ返った。

画像は『Ozzy Osbourne 2022年11月28日付Instagram』『Ozzy Osbourne 2023年2月1日付Twitter「This is probably one of the hardest things I’ve ever had to share with my loyal fans…」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)