メーガン妃が「インヴィクタス・ゲーム」に到着 「遅れてごめんなさい」ステージで謝罪

メーガン妃が「インヴィクタス・ゲーム」に到着 「遅れてごめんなさい」ステージで謝罪

メーガン妃が「インヴィクタス・ゲーム」に到着 「遅れてごめんなさい」ステージで謝罪の画像

ドイツのデュッセルドルフに到着したメーガン妃は、夫ヘンリー王子がパトロンを務める「インヴィクタス・ゲーム」にようやく出席した。妃はホテルで開催されたパーティ会場のステージに立つと「少し遅れてごめんなさい」と謝罪し、飛行機に乗る寸前までカリフォルニア州の自宅で子供達と一緒に過ごしていたことを明かした。


負傷軍人のための国際スポーツ大会「インヴィクタス・ゲーム」が現地時間9日、ドイツのデュッセルドルフで開幕した。「インヴィクタス・ゲーム」はヘンリー王子が2014年に設立し、今年で第6回目の開催となる。

当日の夕刻には、デュッセルドルフにあるスタジアム「メルクール・シュピール=アレーナ(Merkur Spiel-Arena)」で開会式が行われ、ヘンリー王子がステージで開幕を宣言するスピーチをした。しかしスタジアムに妻メーガン妃の姿はなく、後日に王子と合流する予定になっていた。

そんなメーガン妃がようやくドイツに到着し、現地時間11日夜にデュッセルドルフのホテルで開催された「インヴィクタス・ゲーム」のパーティ会場に現れた。

妃はロングヘアを下ろし、「バナナ・リパブリック」の黒いシャツドレスを着て「ボッテガ・ヴェネタ」のベルトでウエストマークし、「アクアズーラ」の黒のハイヒールを合わせていた。

そしてヘンリー王子と一緒にステージに立ち、およそ1600人の招待客の前でスピーチを行った。

妃はマイクを持つと「この場にいられることは、本当に特別なことです。それからパーティに少し遅れてしまってごめんなさい」と、開会式に間に合わなかったことを謝罪した。

その理由について、米カリフォルニア州の自宅で息子のアーチー王子(4)、娘のリリベット王女(2)と一緒に過ごしていたからだと説明した。

メーガン妃はドイツへ向かう飛行機に乗る直前まで、子供達のためにミルクセーキを買いに行ったり、アーチー王子を学校に送り届けたりしていたそうだ。

「幼い子供達を自宅で落ち着かせたり、送り届けるのに少し時間がかかりました。ミルクセーキ3杯を用意して、学校への送迎をして、数時間前に着いたばかりなんです。」

続けて「私がインヴィクタスのためにできる最初のイベントで、みなさんとこの場に一緒にいられることにとても感激しています。本当に素晴らしいです。(大会は)今のところ、良いスタートを切っていると聞いています」と、大会に参加できることの喜びを述べた。

最後にメーガン妃は「みなさんと一緒にインヴィクタス・ファミリーの一員になれたことを本当に誇りに思います。ここにいるみなさんに感謝しています」と言うと、いつか自分の子供達も試合に参加させたいと付け加えた。

ヘンリー王子夫妻を知る関係者によると、メーガン妃は事前に用意されたスピーチを読まず、即興で話したという。また妃は、デュッセルドルフの5つ星ホテルに到着すると自分でヘアメイクを行い、1時間弱でパーティへ出席する準備を整えたそうだ。

画像は『Invictus Games Foundation 2023年9月12日付Instagram「It was wonderful for The Duke and Duchess of Sussex to join us for the Family & Friends party」、2022年8月4日付Instagram「The Invictus Games Foundation would like to wish the Duchess of Sussex a very happy birthday!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連記事(外部サイト)