デニス・クエイド(65)、超年下の才媛(26)と婚約

デニス・クエイド(65)、超年下の才媛(26)と婚約

デニス・クエイド(65)、超年下の才媛(26)と婚約の画像


『ファミリー・ゲーム/双子の天使』(原題:The Parent Trap、1998年公開)や『僕のワンダフル・ライフ』(原題: A Dog’s Purpose、2017年公開)などで知られる米出身の俳優デニス・クエイド。「Dennis Quaid and the Sharks」のバンド名でミュージシャンとしても活躍する彼が、このほど40歳近く年齢の離れた現役大学院生ローラ・サボアさんと婚約したことが明らかになった。

ローラさんはカリフォルニア州マリブの有名私立大学「ペパーダイン大学」を卒業後、インディアナ州の名門「ノートルダム大学」で修士課程を修了、現在はテキサス大学オースティン校のビジネススクール「McCombs School of Business」にて会計学の博士課程を履修中の才媛だ。26歳のローラさんは、デニスの2番目の妻だった女優メグ・ライアンとの間にもうけた長男ジャックさんも同じ1992年に生まれている。

そんなローラさんとデニスは今年5月、ウェスト・ハリウッドのレストランでデートをする姿がキャッチされて以来、順調な交際を続けていた。そしてこのほど、来月全米で公開予定の映画『Midway』のプロモーションで訪れたハワイ・オアフ島にて、デニスがローラさんにプロポーズをしていたことが明らかになった。デニス本人が『Extra』のインタビューに応じ、その時のもようをこう語っている。

「オアフ島最北端のタートル・ベイでプロポーズしたんだ。自然な成り行きでそうなった感じさ。彼女にとってはかなりのサプライズだったね。」

「1か月半くらい前からプロポーズするつもりでいた」と明かしたデニス。当日はタートル・ベイで夕日が沈む瞬間を待ちながら、ポケットに忍ばせていた指輪をローラさんに渡すタイミングを見計らっていたそうだ。デニスは、

「僕達のセルフィーを撮っていた彼女の目の前に指輪を差し出して『結婚してください』って言ったんだ。彼女はその場に倒れこんだよ。」

と嬉しそうに明かした。

華やかな恋愛遍歴を持つ俳優として知られるデニスは、自身の浮気性も手伝ってこれまで3度の結婚に失敗している。2人目の妻で女優メグ・ライアンとの結婚生活は10年で破綻、2004年には20歳近く歳の離れたブロンド美女と再婚し2007年に双子をもうけたが、こちらも昨年に離婚が成立していた。

再婚するたびにお相手の年齢がどんどん若くなっていくデニス・クエイド、引き続き挙式の詳細などにも注目していきたい。
(TechinsightJapan編集部 c.emma)