マイケル・ジャクソン、ムーンウォーク初披露で履いていた靴下が競売に

マイケル・ジャクソン、ムーンウォーク初披露で履いていた靴下が競売に

マイケル・ジャクソン、ムーンウォーク初披露で履いていた靴下が競売にの画像


“キング・オブ・ポップ”ことマイケル・ジャクソンが50歳の若さで他界したのは、2009年6月25日のことだった。あれから10年経つも、マイケルの遺した数々の名言は人々の心に深く刻まれ、楽曲は人種や世代を超えて今もなお歌い継がれている。

そんなマイケルが、のちに自身にとって“シグネチャー・ムーブ”となるムーンウォークを初めて披露した際に履いていた靴下が今月13日に始まるオークションに出品されることが分かった。クリスタルがちりばめられたオーダーメイドの白い靴下は、1983年に放送された特番『Motown 25: Yesterday, Today, Forever』のステージでマイケルが実際に着用したものだ。靴下の他にも、1984年から1989年までマイケルのマネージャーを務めた故フランク・ディレオさんに宛てたマイケルのサイン入りの手紙も添えられており、オンライン・オークションサイト「Gotta Have Rock and Roll」はこの2点セットの最低入札価格を10万ドル(約1100万円)に設定している。

同サイトCEOのエド・コシンスキーさんによれば「ソックスはかなり使用感があるが、マイケルがどの程度履いたのか、正確な回数まではわからない」とのこと。しかしかのマイケル・ジャクソンの「初ムーンウォーク・ソックス」という超プレミアム商品だけに、価格は最高で200万ドル(約2億2000万円)相当まで達する見込みだ。

同オークションには靴下以外にもマイケルが1984年の「Victory Tour」で着用した2ピーススーツや、「シカゴ・ブルズ」のサイン入りユニフォームなどが出品されており、これらの入札価格は7500〜8000ドル(約82〜87万円)から、また最終落札価格は2万ドル(約218万円)ほどが見込まれている。

輝かしい偉業を成し遂げた伝説の“キング・オブ・ポップ”だが、没後10年目にあたる今年3月に性的虐待疑惑に関するドキュメンタリー『Leaving Neverland』が放送されると、世界各地のラジオ局がマイケルの楽曲をボイコットするなどネガティブなニュースが相次ぎ、マイケルの遺産を管理する「マイケル・ジャクソン・エステート」側はドキュメンタリーを制作した「HBO」を「公開処刑」だと非難、1億ドル(約110億円)の損害賠償を求める動きにまで発展した。

果たして13日から行われるオークションで、マイケル・ジャクソンの靴下を手に入れるのは一体どんな人物なのか。最終落札価格も気になるところである。

画像2枚目は『Gotta Have Rock and Roll 「Lot #1:Michael Jackson “Motown 25: Yesterday, Today, Forever Special Concert” Stage Worn and First Ever Moonwalk Stage Worn Bill Whitten Custom Crystal Socks Gifted to Manager Frank DiLeo」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)