エディンバラ公フィリップ王配がロンドンの病院に入院 命には別状なし

エディンバラ公フィリップ王配がロンドンの病院に入院 命には別状なし

エディンバラ公フィリップ王配がロンドンの病院に入院 命には別状なしの画像


英史上最長の在位期間を誇るエリザベス女王の伴侶として、これまで70年以上の長きにわたり妻をサポートしてきたフィリップ王配。2017年8月に公務からの引退を正式に表明して以来、人前に姿を見せる機会はめっきり減ってしまったが、98歳という高齢の今もパトロンや代表、あるいはメンバーとして780を超える団体の活動に関わっている。

そんなフィリップ王配は英ノーフォーク州サンドリガム御用邸の一角にあるウッドファーム・コテージにて余生をのんびりと過ごしていると言われるが、クリスマスを間近に控えた現地時間20日にロンドン市内の病院に入院したことが明らかになった。

英王室バッキンガム宮殿は同日、各メディアに対し次のような声明を発表した。

「エディンバラ公フィリップ王配は今朝、持病の診察のためノーフォークからロンドンのキング・エドワード7世病院(King Edward VII’s Hospital)へと移動されました。」

「このたびの入院はフィリップ王配の主治医のアドバイスによるもので、あくまでも予防措置です。」

報道によればこれは事前に計画されていたことであり、入院時に救急車の使用はせず、あくまでも従来の段通りに則って手続きが行われたとのこと。命に関わる緊急事態というわけではないため、周囲も胸をなで下ろしているようだ。

18日にバッキンガム宮殿で毎年恒例のクリスマスランチを開催したエリザベス女王も夫が入院した20日、クリスマスをサンドリンガムで過ごすため電車でロンドンを出発、のちにキングズ・リン駅に降り立つ姿が目撃されていることからフィリップ王配の状態は安定しているものと推測される。

とはいえ向こう数日間はロンドンの病院で過ごすというフィリップ王配だけに、彼が近々サンドリンガムへ戻り、クリスマス当日はエリザベス女王やチャールズ皇太子ら子供達、また大勢の孫達とともに過ごせることをロイヤルファミリーの面々も切望していることだろう。
(TechinsightJapan編集部 c.emma)