メーガン妃“引退発表”で揺れる英国に夫ヘンリー王子を残し、カナダに“緊急避難”

メーガン妃“引退発表”で揺れる英国に夫ヘンリー王子を残し、カナダに“緊急避難”

メーガン妃“引退発表”で揺れる英国に夫ヘンリー王子を残し、カナダに“緊急避難”の画像


昨年11月末より休暇を取っていた英王室ヘンリー王子・メーガン妃夫妻は、愛息アーチーくんやメーガン妃の実母ドリアさんとともに、家族として初めて迎えたクリスマスとニューイヤーをカナダ、ブリティッシュ・コロンビア州のバンクーバー島で過ごした。

その後およそ6週間ぶりとなる公務に復帰した夫妻はロンドンの街で人々に温かく迎え入れられたが、その直後に公式Instagramを通じて「高位王族からの引退」を表明、合わせて「王室からの経済的自立」や今後は「活動拠点を英国と北米の2か所に持ち、双方を行き来する予定」であることなどを明かして世界中を驚かせた。

夫妻のこのような考えについてはエリザベス女王をはじめ、チャールズ皇太子やウィリアム王子とクリスマス前に話し合いの場をもうけていたそうだが、年明けに夫妻が英国へ戻ってから引き続き検討を重ねる予定だったという。しかしヘンリー王子とメーガン妃夫妻は次回の話し合いを待つことなく、しかもエリザベス女王からの「詳細が決まるまで公言しないこと」という言いつけに背き、Instagramにて「高位王族からの引退」表明に踏み切ったのであった。

Instagramの文面についても事前に何の相談もなかったらしく、チャールズ皇太子とウィリアム王子がこのことを知ったのは投稿のわずか10分前だったという。またエリザベス女王にいたっては投稿されることすら知らされず、まさに寝耳に水だったようだ。

当然のことながら夫妻のフライング発表はエリザベス女王や父兄、そして他の王室メンバー達の逆鱗に触れることとなったのだが、メーガン妃はカナダに残してきた愛息アーチーくんと合流するため、ヘンリー王子を英国に残したまま再びカナダへととんぼ返りをしてしまった。夫妻の代理人も妃が現地時間9日にカナダへ飛び立ったことを認めており、英紙『Evening Standard』は16日まで公務予定が白紙のヘンリー王子も「まもなく同国で妻子と合流するのではないか?」と伝えている。

現在、英国をはじめとする海外メディアでは“Sussexit”(サセックス公爵夫妻の王室離脱)、“Megxit” (メーガン妃夫妻の王室離脱)といった英国の欧州連合離脱を指す“ブレグジット”(Brexit:Britain&Exitをかけた造語)をもじった新語が見出しを賑わせており、2人の決断には

「前代未聞」
「身勝手すぎる」
「王室へのリスペクトの欠片もない」

と英国民の怒りを買っている状態だ。

ちなみに夫妻が英国へ戻る際に、アーチーくんを同伴せずカナダでナニーに預けたのは「カナダ―英国間をわずか数日の間に飛行機で行き来させることを懸念したため」という理由のようだが、爆弾宣言で“孤立無援”状態のヘンリー王子1人を残して“緊急避難”してしまった妃の行動や、6週間も休暇を取っていながら再び平然とカナダへとんぼ返りをするその奔放すぎる妃の考えは、さらなるバッシングを巻き起こす結果を招いてしまったようである。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年8月4日付Instagram「Wishing HRH The Duchess of Sussex a very Happy Birthday」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)