エリザベス女王、チャールズ皇太子やウィリアム&ヘンリー王子を緊急招集し“電話会議”開く

エリザベス女王、チャールズ皇太子やウィリアム&ヘンリー王子を緊急招集し“電話会議”開く

エリザベス女王、チャールズ皇太子やウィリアム&ヘンリー王子を緊急招集し“電話会議”開くの画像


現地時間8日にInstagramを通じて「高位王族からの引退」を表明したヘンリー王子・メーガン妃夫妻に対し、たいそう心を痛めているとされるエリザベス女王。孫息子夫妻による“爆弾発言”を受け、女王は同日に

「サセックス公爵夫妻とのディスカッションは現在、あくまでも初期の段階です。夫妻は従来と異なるアプローチを試みたいようですが、これは複雑な問題であり、結論に至るまでには時間を要することでしょう」

と短い声明を発表した。

英『The Sun』『Daily Mail Online』はその後、クリスマス休暇後も引き続きサンドリンガムに滞在しているエリザベス女王が現地時間9日、スコットランドを訪問中のチャールズ皇太子、ロンドンのウィリアム王子、ウィンザーのヘンリー王子に四者間による“電話会議”の招集をかけ「ヘンリー王子夫妻の今後をめぐる話し合いを行った」と報じた。また女王は一日も早く解決策を打ち出したいとの考えであることを、関係者の証言として合わせて伝えている。

なお今後の話し合いには、英内務大臣プリティ・パテル氏が同席予定とのこと、また夫妻が北米でのオフィス設立を望んでいることから、カナダや米国政府も交えての話し合いになる可能性もあるという。

ヘンリー王子はクリスマス前にチャールズ皇太子に連絡を取り、カナダや米国にもう少し長く滞在したい旨を打ち明けたのだが、父から「もっとしっかりと綿密な計画を練るよう」言い渡されてしまったそうだ。そのため今後のプランを記載した書類を作成し年明けに渡したところ、今度は「状況が複雑かつ特殊なため、今後について、とりわけ2人の財源に関して熟考するためのさらなる時間が必要」との返事が。ヘンリー王子は父親に相談を持ちかけるも、結局2度とも取り合ってもらえなかったようだ。

兄ウィリアム王子は、ウィンザーのフロッグモア・コテージを訪れ話し合いの場を持とうと努めたそうだが、結局こちらも実現することはなかったという。ヘンリー王子とメーガン妃がInstagram上での爆弾宣言という思い切った行動に踏み切った背景には、2人の計画になかなか耳を貸そうとしない家族に2人が業を煮やしたことが大きく関係しているようである。

ちなみに夫妻のInstagramの文面についても誰にも相談しなかったようで、チャールズ皇太子とウィリアム王子がこのことを知ったのは、Instagramへの投稿わずか10分前だったという。エリザベス女王にいたっては「詳細が決定するまで公言しないこと」との言いつけに背かれたばかりか、投稿されることすら事前に知らされなかったと言い、夫妻のこのたびの身勝手ともとれる行動には他のロイヤルメンバーも失望しているそうだ。

昨年11月には次男アンドルー王子が買春疑惑の余波を受け公務見合わせを発表、クリスマス直前には夫フィリップ王配が入院する(現在は退院)など、このところ心配事が尽きないエリザベス女王。そんななかで起こった孫息子夫妻による“反乱”は、93歳という高齢の女王に相当大きなダメージを与えたと思われ、国民は次々と襲いかかる“ファミリー・クライシス”に疲労困憊する女王の身を案じているようだ。

画像は『The Royal Family 2019年12月11日付Instagram「Tonight The Queen and Members of The Royal Family welcomed the world’s ambassadors to #BuckinghamPalace at the annual Diplomatic Reception.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)