ヘンリー王子「ディズニー」にメーガン妃の“声の出演交渉” チャリティー寄付を交換条件に

ヘンリー王子「ディズニー」にメーガン妃の“声の出演交渉” チャリティー寄付を交換条件に

ヘンリー王子「ディズニー」にメーガン妃の“声の出演交渉” チャリティー寄付を交換条件にの画像


「メーガンがボイスオーバー(吹き替えやナレーター)もするのはご存知ですよね?」

「え? そうなんですか?」

「驚かれているようですが、ご存知なかった? 妻は乗り気なんですがね。」

「そうですか。いいですね、是非。」

―これは昨年7月、実写版『ライオン・キング』ヨーロッパプレミアの会場でヘンリー王子と「ウォルト・ディズニー・カンパニー」のCEOボブ・アイガー氏との間で実際に交わされた会話だ。メーガン妃はこの会話が交わされている最中、すぐ隣でビヨンセや夫JAY-Zと会話をしていた。

およそ半年を経て、この動画が浮上したのには理由がある。現地時間12日に英『Mail on Sunday』が「夫妻がディズニーとコラボし、メーガン妃は同社のプロジェクトにボイスオーバーとして参加する」と報じたのである。しかもメーガン妃は報酬を受け取る代わりに、夫妻がサポートするチャリティー団体「Elephants Without Borders」への寄付をディズニー側へ要求したそうだ。

夫妻は昨年8月12日の「世界ゾウの日(World Elephant Day)」に公式Instagramで同チャリティー団体を大きく紹介しており、そのなかで2人が2017年の婚前旅行で訪れたボツワナ共和国にて同団体の「世界ゾウの日」のイベントに携わっていたことを明かしていた。またヘンリー王子は昨年のアフリカツアーの際にも再び同国を訪れ、「Elephants Without Borders」創設者兼ディレクターのマイク・チェイス博士と再会している。

メーガン妃が携わったとされるこのたびのディズニーのプロジェクト内容や、ディズニー側による同団体への寄付額など、詳細については今のところ明らかになっていない。しかし『Mail on Sunday』は昨年11月末からの6週間の休暇に入る前に「メーガン妃はすでにボイスオーバーの収録を終えていた」と断言している。

今月8日に高位王族からの引退の意思を明らかにした際、経済的自立についても言及していたヘンリー王子とメーガン妃だが、今後は夫妻が“スターパワー”や“ハリウッドセレブとのコネクション”を駆使しながら、経済的な自立を目指していく方向であることが明瞭になったとも言えそうなスクープである。これまで散々、ハリウッドセレブとの密接すぎる関わり合いが「ロイヤルとセレブの違いをわきまえていない」と猛バッシングの対象になってきた夫妻、高位王族という地位を捨て、今後はそんなステータスを存分に利用しながら新たな“役割”を模索していく構えのようだ。

Instagram上での突然の引退表明をチャールズ皇太子とウィリアム王子が知ったのは投稿わずか10分前で、エリザベス女王は「詳細が決定するまで公言しないこと」と夫妻に固く言いつけていたにもかかわらず、背かれてしまった。2人のこの身勝手ともとれる行動には他のロイヤルメンバーも失望しているようだが、夫妻は経済的な自立も視野に入れ、実は昨夏から着々と綿密な計画を進めてきていたのだ。

本日、エリザベス女王、チャールズ皇太子、ウィリアム王子、ヘンリー王子の4人が一堂に会し、全員が納得のいく解決策を見つけるべく話し合いの場が持たれることになっており、現在カナダに滞在中のメーガン妃もこのミーティングに電話で参加する予定とのことだ。ヘンリー王子とメーガン妃の“反乱”は、果たしてどんな結末を迎えるのか―詳細は追ってお伝えしたい。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年7月14日付Instagram「This evening, The Duke and Duchess of Sussex attended #TheLionKing European premiere in London at the Odeon Theatre.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)