クリス・マーティン、娘のバイト先でショック「怯えながらレジに並んだ」

クリス・マーティン、娘のバイト先でショック「怯えながらレジに並んだ」

クリス・マーティン、娘のバイト先でショック「怯えながらレジに並んだ」の画像


1月15日に米トーク番組『エレンの部屋』にゲスト出演したクリス・マーティンは、衣料品店で働き始めた15歳のアップルさんについて語った。人生で初めて仕事に就き、社会への第一歩を踏み出した娘を誇りに思っているという。

クリスは仕事をしているアップルさんの姿を一目見ようと衣料店に出向いてシャツを選び、娘の担当するレジに並んだそうだ。

「僕はただ、彼女にサプライズをしようとしただけなんだ。驚かせるんじゃなくて、会いに行ったんだよ。それと何か買ったほうが良いんじゃないかと思って。」

娘の喜ぶ顔を見たいと思ったのもつかの間、なんとアップルさんは父親に向かって「あっちへ行って!」と言ったのである。すっかり恐縮してしまったクリスは、すぐさま隣のレジの列に移動したという。この時の自身の姿を「(商品の)シャツを握りしめて、娘におびえながらね」とクリスは自虐気味に語った。

しかしその後、隣のレジでシャツの清算を済ませたクリスが、帰る寸前に思い切った行動に出た。

「彼女の好きなファッジ(キャラメルに似たイギリスの伝統菓子)を持ってきていたんで、ポケットから出してレジの女性に手渡してもらうよう頼んだんだ。」

どうやらこの作戦は成功したらしく、「店を出ようとしたら、大きな声で『ダッド! アイラブユー!』って呼びかけてくれたんだよ」と嬉しそうに明かした。

ティーンエイジャーらしい、恥ずかしがり屋の一面を見せたアップルさん。愛する娘が一生懸命働く姿を励ますためにレジに並んだクリスは、どこにでもいる普通の父親の姿と全く変わらなかったようだ。

さらに番組では、デビュー前のクリス・マーティンのプライベート映像を公開した。それは歯の矯正装置を付けたクリスが、「現在1998年6月26日。2002年6月26日までに、コールドプレイは世界的に有名になる」「彼らは巨大なバンドになる。このビデオは4年以内に全国ネットで放送される。4年だ!」と語る姿が映っている。

スタジオで映像を見ていたクリスは、顔を手で覆いながら「これは人生最悪の日だね」と恥ずかしそうに話した。そして「可能かどうかは別にして、大きな夢を抱いていたんだ。バカなことを言ってると思いながらも、半分本気だったよ」と当時を振り返った。

ちなみに現在、クリス・マーティンは女優のダコタ・ジョンソンと交際中である。前妻であるグウィネス・パルトロウはテレビプロデューサーのブラッド・ファルチャック氏と2018年に再婚し、昨年は4人が仲良くダブルデートをする姿が目撃されていた。クリスとグウィネスは離婚後も円満な関係を続けているようだ。

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)