ジェシカ・シンプソンが離婚、性的虐待、依存症…壮絶な過去を告白

ジェシカ・シンプソンが離婚、性的虐待、依存症…壮絶な過去を告白

ジェシカ・シンプソンが離婚、性的虐待、依存症…壮絶な過去を告白の画像


地元テキサスでゴスペルミュージックを中心に活動していたジェシカ・シンプソンが、大物音楽プロデューサーのトミー・モトーラ氏に見出され、米コロンビアレコードと契約を交わしたのは若干16歳の頃だった。1999年にファーストアルバム『Sweet Kisses』をリリースしたジェシカは、素晴らしい歌声と美しいルックスで人気を博し、2002年には当時大人気だったボーイバンド「98 Degrees(ナインティーエイト・ディグリーズ)」のニック・ラシェイと結婚、2005年公開の映画『デュークス・オブ・ハザード(原題:The Dukes of Hazzard)』では映画デビューも果たした。

なかでもジェシカを一躍お茶の間の人気者にしたのは、ニックとの新婚生活を赤裸々に描いたリアリティ番組『Newlyweds: Nick and Jessica』だ。若妻ジェシカが天然キャラを炸裂させ、世間知らずなぶっちゃけ発言を連発。そんな妻に手を焼くニックとのリアルな日常を綴った同番組は、たちまち大人気となった。

ニックとは2006年に離婚したが、ジェシカはこのたびの回顧録『Open Book』にてドロ沼離婚劇の真相を詳細に綴っている。当時ヤングセレブカップルとして人気絶頂だった2人だが、キャリアに執着しすぎたあまり喧嘩が絶えず、知り合ってから7年目にジェシカのほうから離婚を切り出したそうだ。ニックは「不意打ちを食らった」と激怒し、以降は互いに言葉を交わすこともなくなるほど関係は悪化。2005年11月に別居し、翌6月に正式に離婚が成立した。事前に婚前契約を交わしていなかったことから、この離婚でジェシカはニックに対し1200万ドル(約13億円)を払わされる羽目となり、のちにジェシカは「人生最大の経済的過ちだった」と語っている。

回顧録『Open Book』では、他にも家族ぐるみで親交のあった人物に6歳から性的虐待を受け続けていたこと、そのトラウマや仕事のプレッシャーからアルコールとドラッグに依存するようになったことなどが記されている。家族や信頼する医療チームのサポート、そして週2回のセラピーにより、2017年11月に完全に依存症を克服したジェシカ。しかし当時は

「大量のアルコールとピルの摂取で、私は自分で自分を殺しかけていた」
「禁酒という行為自体はそれほど難しくなかったけれど、過去のトラウマと向き合わなければならないセラピーは、決して容易ではなかった」

と振り返っている。

現在は元NFLのスター選手エリック・ジョンソンと再婚し、幸せな家庭を築いているジェシカ。長女マックスウェルちゃん(7)、長男エースくん(6)、次女バーディーちゃん(10か月)の母親として育児に励む一方で、ファッションデザイナーとしてヒット商品を続々とプロデュースするなどビジネスでも大きな成功を手にしている。

自身の過去を赤裸々に綴った回顧録『Open Book』はオーディオブックも発売される予定で、ジェシカは先日そのレコーディングを終えたそうだ。忌まわしい記憶や過去の傷と向き合いながら懸命にしたためた文章を、再び声に出して朗読するという経験は精神的、身体的にもかなりハードだったようだが、

「明確な意図を持って臨むことができた」
「私の声から魂を感じ取り、真実に耳を傾けてもらえたら嬉しい」

とその出来栄えには自信をのぞかせた。

なお同著出版にともない、ジェシカは2010年の『Happy Christmas』以来およそ10年ぶりにアルバムをリリースする。『Open Book』のいわば“音楽バージョン”とも言えるアルバムには新曲6曲が収められているそうだ。

「“恐怖”の向こう側には、とても美しい景色が広がっている。私のストーリーが誰かの助けとなれば」

と語るジェシカの『Open Book』は来月4日に出版予定で、同日からブックツアーの開催がスタートするという。

画像は『Jessica Simpson 2020年1月22日付Instagram「Thank you @people for helping me share my story.」、2020年1月15日付Instagram「Come see me on the road!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)