エリザベス女王、軽い風邪で公務を欠席 心労が重なったことも原因か

エリザベス女王、軽い風邪で公務を欠席 心労が重なったことも原因か

エリザベス女王、軽い風邪で公務を欠席 心労が重なったことも原因かの画像


世界最高齢の君主として、現在も在位最長記録を更新中のエリザベス女王。来月初めに即位68周年を迎える女王は、93歳の現在も車の運転や乗馬をしっかりこなすなど日頃から健康を維持している。2018年に白内障の手術を受けた際には、その直後にさっそくサングラス着用で公務に復帰、そのタフな精神力が称賛された。

そんな健康体のエリザベス女王だが、現地時間23日は予定されていた公務を開始わずか30分前というタイミングで突如キャンセルしていたことが明らかになった。この日は「ウィメンズ・インスティテュート(The Women’s Institute)」主催のミーティングに出席するため、ノーフォーク州サンドリンガム邸付近の「ウェスト・ニュートン・ヴィレッジ・ホール(West Newton Village Hall)」を訪れる予定だった女王、しかし毎年恒例のイベントを今年は「軽い風邪のため」キャンセルしたという。

英『BBC News』『Daily Mail Online』などによれば、イベントに出席した人々はエリザベス女王のセキュリティーチームを通じて女王が「気分が優れない状態である」と伝えられたそうだが、その病状は「とりわけ心配には及ばない」とのことだ。

王室に詳しい人物は『Closer Weekly』に対し、

「女王はインフルエンザではなく、ただの風邪です。しかしご高齢ですから、大事を取らなければなりません。合併症の併発を防止するためにもしっかり休養されるのがベストです。」
「最近の女王は特にストレスに晒されていらっしゃいましたから、それもよくなかったのでしょう。免疫力が低下しています。」

と明かしているという。

Twitterには現在、

「一日も早い回復を祈っています」
「93歳という年齢を考えると、確かに風邪でも用心した方がよさそう」

と女王の身を案じるツイートが多数あがっているほか、

「ヘンリーとメーガンが勝手なことばかりするから」
「女王が体調を崩したのは、あのバカ孫息子夫婦によるストレスのせい」

などといったコメントも見受けられる。

昨年11月には次男アンドルー王子が買春疑惑の余波を受け公務見合わせを発表、クリスマス直前には夫フィリップ王配が入院(現在は退院)、そして今月に入ってからは孫ヘンリー王子とメーガン妃が王室からの離脱を発表するなど、このところ心配事が尽きないエリザベス女王。「これでもか」というくらい立て続けに起こっている“ファミリー・クライシス”には、普段は元気な女王の体もついに悲鳴をあげてしまったのかもしれない。

画像は『The Royal Family 2019年5月20日付Instagram「Today, The Queen, accompanied by members of The Royal Family, attended The Royal Horticultural Society’s Chelsea Flower Show.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)