ブレイク・ライブリー、第3子出産後初のレッドカーペットで「これは仮の姿、早くコルセットを外したい!」

ブレイク・ライブリー、第3子出産後初のレッドカーペットで「これは仮の姿、早くコルセットを外したい!」

ブレイク・ライブリー、第3子出産後初のレッドカーペットで「これは仮の姿、早くコルセットを外したい!」の画像


昨年5月、ニューヨークで開催された『名探偵ピカチュウ』のプレミアにピカチュウ役を務めた夫ライアン・レイノルズとともに出席したブレイク・ライブリー。ピカチュウをイメージした「Retrof?te」の黄色いドレスからはフックラしたお腹が目立ち、レッドカーペット上での第3子妊娠の公表が話題をさらった。

出産時期や名前など詳細は明かされていないが、昨年夏〜秋頃に第3子となる女児を出産したとされるブレイク。昨春のレッドカーペットからおよそ8か月ぶりとなる現地時間1月28日には、最新作『The Rhythm Section』を引っ提げニューヨークのプレミア会場に現れた。普段から専属のスタイリストはつけないポリシーを貫いている彼女が、この日チョイスしたのは「Dolce & Gabbana」の黒のオフショルダードレスと「Christian Louboutin boots」のロングブーツだ。さらにオペラグローブやパール、ダイヤモンド、エメラルドがゴージャスな「Lorraine Schwartz」のネックレスをミックスさせ、個性的なスタイルを完成させていた。そんなブレイクの姿には、

「産後も相変わらずゴージャス!」
「エッジの効いた組み合わせがブレイクらしくて素敵」
「遊び心溢れたコーディネートで個性が光ってる」

などたくさんの称賛コメントが集まったが、ブレイクはこの「Dolce & Gabbana」の下に、実はコルセットを装着していたことをインタビューで明かしている。

「コルセットは絶好調な自分まであと少しって錯覚を覚えさせてくれるけど、それはあくまでも仮の姿、リアルな自分じゃない。早くこれを外したくてたまらない!!」

というブレイクの産後のリアルな本音には、共感を覚えるファンも多かったようだ。

プレミア翌日には朝の情報番組『Good Morning America』に出演し、2012年に結婚したライアン・レイノルズとの間にもうけたジェームズちゃん(5)、イネスちゃん(3)、そして生後数か月の三女(誕生日、名前ともに非公開)の育児の大変さに触れ、

「子供が2人から一気に3000人に増えたように感じているの。まさにクレイジーだわ。」

とここでも思わず本音を吐露する場面が見られた。

乳幼児の育児に悪戦苦闘するブレイクだが、新作映画『The Rhythm Section』ではテロリストに一家を殺害され復讐に燃える女性を熱演している。シリアスな役どころに体当たりで臨んだブレイクの演技力に加え、めまぐるしい変装ぶりや劇中のアクションシーンが話題の同映画だが、レッドカーペットやテレビで見せる飾らない素顔とのギャップももう1つの見どころと言えそうだ。

ちなみに次女イネスちゃんの妊娠中に体重が28kg増えてしまったブレイクは、14か月におよぶ地道なトレーニングを経て、見事スリムなボディを手に入れた実績がある。現在はまだコルセットのお世話になっているブレイクだが、そのうち産後エクササイズの経過についても彼女のリアルな発言が聞けるかもしれない。

画像は『The Rhythm Section 2020年1月28日付Instagram「@BlakeLively, Jude Law, director @ReedMorano, and the #TheRhythmSection cast and crew take on the red carpet at the New York special screening.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)