ヘンリー王子の居場所はもうない? チャールズ皇太子夫妻&ウィリアム王子夫妻が初ジョイント公務で「新ファブ4誕生」の声

ヘンリー王子の居場所はもうない? チャールズ皇太子夫妻&ウィリアム王子夫妻が初ジョイント公務で「新ファブ4誕生」の声

ヘンリー王子の居場所はもうない? チャールズ皇太子夫妻&ウィリアム王子夫妻が初ジョイント公務で「新ファブ4誕生」の声の画像


英時間11日、チャールズ皇太子・カミラ夫人とウィリアム王子・キャサリン妃の4人が、9年目にして初のジョイント公務を務めた。4人が訪れたのは、レスターシャー州ラフバラーにある「ディフェンス・メディカル・リハビリテーション・センター(Defence Medical Rehabilitation Centre、DMRC)だ。同施設は2018年にオープンし、これまで英国軍の軍務に従事した人々の精神的・身体的なケアやリハビリを行っている。

ウィリアム王子はこの日、車いすバスケットボールに挑戦。キャサリン妃はリハビリ過程における心の健康の重要性などについて、熱心に患者と会話を繰り広げていた様子。自身もイラクで左腕と左脚を失い義肢装具を装着しているピーター・ノートン元英陸軍少佐は、施設を訪れた4人のロイヤルメンバーたちを歓迎し、

「キャサリン妃は、当施設が力を入れているメンタルヘルスや心身の幸福のためのケアについてお尋ねになられました。」

とその時の様子を明かした。

この日のもようはバッキンガム宮殿の公式SNS「The Royal Family」をはじめ、チャールズ皇太子夫妻の「Clarence House」ならびにウィリアム王子夫妻の「Kensington Palace」のそれぞれに多数の写真が公開されている。2011年4月にキャサリン妃が王室入りしてからの約9年間でこの4人によるジョイント公務は今回が初めてとあって、4人が施設を視察したり仲睦まじく談笑する写真には

「これからもっと4人での公務が増えますように」
「英国の未来のために尽くしてくれる4人に感謝」

といった感想が多数書き込まれた。

なかには王室離脱が決定したヘンリー王子夫妻について、

「家族が一丸となった姿はやっぱり美しい。」
「国を捨てて出て行ったヘンリー王子には、もはや居場所はない感じ?」

などといったコメントも見られた。ヘンリー王子夫妻の王室離脱表明前までは、ウィリアム王子、キャサリン妃、ヘンリー王子、メーガン妃の4人が“Fabulous Four(素敵な4人組)”として人気を集めていたが、このたびの2世代ジョイント公務により「新たなファブ4の誕生か?」との声もあがったほどだ。

この日の投稿のなかでも特にロイヤルファンの注目を集めたのは、車いすに乗ったウィリアム王子が何度もフリースローに挑戦する動画だ。最初のトライでウィリアム王子が失敗すると、周りからは残念そうな声があがったのだが、そこで息子の乗った車いすを無言でゴール付近まで近づけるというお茶目な行為に出たチャールズ皇太子に会場からは大きな笑い声が聞かれた。ゴール至近距離まで近づくも、なかなかシュートが決まらないウィリアム王子に見かねたチャールズ皇太子は、王子の肩をそっともみながら激励、すると3度目のトライでやっとシュートが決まったのであった。父と息子はその瞬間を、両腕を大きく上に掲げながら喜び合うのだった。

この和やかな雰囲気を収めた動画には

「楽しそうな姿に癒された」
「父と息子のツーショットが最高」

との声が多数寄せられ「Kensington Palace」で公開中の同動画は、現在156万回超の再生回数を記録している。しかしロイヤルファンは「一連の写真や動画にヘンリー王子は一体何を思うのか?」と、少々心配せざるを得ない心境にかられているかもしれない。

画像は『Kensington Palace 2020年2月11日付Instagram「Today The Prince of Wales and The Duchess of Cornwall, together with The Duke and Duchess of Cambridge visited the Defence Medical Rehabilitation Centre, to meet patients and staff.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)