ニッキー・ミナージュ「あと9キロ」ダイエット宣言も「自分の体型に優しくなろう」の女心

ニッキー・ミナージュ「あと9キロ」ダイエット宣言も「自分の体型に優しくなろう」の女心

ニッキー・ミナージュ「あと9キロ」ダイエット宣言も「自分の体型に優しくなろう」の女心の画像


今回の放送は『オール・アバウト・ザット・ベース〜わたしのぽちゃティブ宣言!』のヒットで知られるメーガン・トレイナー(26)を迎え、ニッキー・ミナージュと2人で女性ならではの体型の悩みについてトークを展開した。

「ダイエットしたいなとは思ってたんだけど、ずっと先延ばしにしていたの。だって食事制限なんてできないと思ってたから。」
「でもやるぞって決心したら自然と心もついて来たわ。」

と明かしたニッキー。やはりダイエットとなると、一般女性と同じように始めるまでには腰が重かったようだ。

ニッキーは昨年、自身のツイッターに「みんなの意見を投票してもらいたいの。自分の理想の体重になるべき? それとも恋人の理想の体重になるべき?」と投稿していたこともあり、ダイエットを決意したのは昨年10月に結婚した夫ケネス・ペティ(41)からのリクエストだったのでは―との声もある。以前に比べるとより健康的な体型になったニッキーだが、本人は理想の体重まであと20ポンド(約9キロ)減らしたいようだ。

ゲストのメーガンに「あなた痩せた?」と尋ねているが、「選ぶ服がよくなっただけ」と答えたメーガン。「スタイリストを変えたりして、自分の素敵な体のラインとか細いウエストを目立たせる服を着てるの。それだけで全然違って見えるから」と着痩せテクを明かしている。

また番組内で2人は「自分のボディに厳しい批判をすることは止めて、優しくなろう」ということで同意したようだ。ニッキーが「今の自分を愛することが大切。自分に優しくして、もっと人間らしく生きなくちゃ。誰も完璧な人はいないのだから」というと、メーガンも「そうよね。以前誰かに『自分にはつらくあたっても、ベストフレンドには同じようにしないでしょう?』と聞かれたことがあったの。私は『絶対にそんなことはしないだろう』って答えたわ。その時に、そういう物の見方ってとても大切だって思ったのよ」と応えた。

これにはニッキーも「それこそ私がしなければいけないことよ! 自分を愛してくれる人は私たちを傷つけたりはしないもの。でも私たち女性は、自分のボディのことになるとどうしても厳しくなるのよね」と賛同し、どんな体型であっても自己を愛することにフォーカスしたいと述べた。

女性のあるあるに言及し、体型についての会話を「あなたのお尻って本当に素敵」とメーガンへの褒め言葉で終わらせたニッキーだったが、今回の放送はダイエットの経験がある女性は共感できる部分が多かったのではないだろうか。目標体重に向けて引き続き努力を続けるニッキーの体型にも注目していきたい。

画像は『Barbie(nickiminaj) 2020年2月3日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Tina)