ブリトニー・スピアーズ次男、祖父について「ゲイ」「死ねばいい」と仰天発言

ブリトニー・スピアーズ次男、祖父について「ゲイ」「死ねばいい」と仰天発言

ブリトニー・スピアーズ次男、祖父について「ゲイ」「死ねばいい」と仰天発言の画像

歌姫ブリトニー・スピアーズの次男ジェイデンくん(13)が現地時間3日、Instagramのライブ配信を通じてフォロワーと交流した。そのなかでジェイデンくんは「母親はもう音楽活動をやめるかも」、また祖父ジェイミーさんについては「ゲイ」「死ねばいい」などと発言し物議を醸している。


ブリトニー・スピアーズには2007年に離婚した元夫ケヴィン・フェダーラインとの間にショーンくん(14)、ジェイデンくん(13)という2人の息子がいる。現在はブリトニーが3割、ケヴィンが7割で親権を共有しているため、2人の息子達は大半の時間を父親のもとで過ごしている。

息子達はともにティーンエイジャーに成長し、最近はブリトニーのSNSに登場する機会もめっきり減ってしまったが、昨年夏にブリトニーがディズニーランドで撮影した息子達とのスリーショットを公開すると、ファンからは「大きくなったね」「2人ともハンサム」など大きな反響が集まった。

そしてこのほど次男ジェイデンくんが、父ケヴィンの自宅からInstagramのライブ配信を行い、自身のフォロワー達と交流した。ジェイデンくんはフォロワーから寄せられる質問を順番に読み上げながら次々と回答したのだが、フォロワーの大半はブリトニーのファンであるため、質問の内容はブリトニーに関することに集中。ジェイデンくんは、

「次に母親(ブリトニー)のところに行くのは、2〜3週間後」
「(ブリトニーの恋人)サムは、いい人だよ」

などブリトニーがあまり世間に知られたくないであろう、スピアーズ家の“内部事情”を次々と暴露するのであった。

ブリトニーと元夫ケヴィンはこれまで子供達の養育費をめぐり度々バトルを繰り広げてきた。ケヴィンとブリトニーの父ジェイミーさんの関係も決して良いものとは言えず、昨年8月にケヴィンは長男ショーンくんがジェイミーさんから身体的虐待を受けたと主張し被害届を提出、その後ジェイミーさんにはショーンくんへの接近禁止命令が出される騒ぎに発展したことがあった。

ファンからそんなジェイミーさんのことを問われたジェイデンくんは、“Fワード”を交えながら

「あいつは最悪。思いっきりゲイだし。」
「死ねばいい。」

などと罵り、あるフォロワーが「殺しちゃえば?」とそそのかすと「俺もちょうど同じことを考えてたとこ」と答えたのだ。

またブリトニーの今後の音楽活動についても

「最近は音楽をやってるところは見てないね。前に一度『音楽活動はどうなったの?』って聞いたことがあったんだけど、その時は『わからないわ。やめちゃうかもしれない』って言ってた。」
「大金が稼げるっていうのに、なんでやめちゃうの?って思ったよ。」

などと回答し、フォロワーを大いに驚かせたジェイデンくんであった。

一方で父親ケヴィンについては

「この世で最高の父親、マジでジーザスさ。」

などとベタ誉めし、しまいには「フォロワーが5000人に到達したら、もっと内部事情を暴露してもいい」などと語っていた。

このたびのジェイデンくんのライブ配信を見た人々からは

「ルーザーの父親にすっかり洗脳されちゃってるみたい」
「ジェイデンのメンタルが心配。専門家に診てもらったほうがいいのでは?」
「息子まで母親をドル箱としか見てないなんて、ブリトニーが哀れすぎる」

といった声が多数寄せられている。

米時間4日にはケヴィンの弁護士が『Page Six』を通じ「保護者であるケヴィンが目下この状況に対応中」と明かしているが、ブリトニー側からは現在コメントは出されていないようだ。

ジェイデンくんのInstagramアカウントは現在「非公開」設定、投稿数もゼロになっていることから、ケヴィンが今回の息子の行動について本人と話し合いの場を持ったことが予想される。誰でも気軽にプライベートが公開できてしまうこの時代、子供のデバイス利用にあたっては十分な監督が必須であることを思い知らされる“事件”であった。

画像は『Britney Spears 2019年8月4日付Instagram「Great time at Disneyland today ….」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)