ヘンリー王子夫妻“高位王族”として最後の公務 メーガン妃がウィリアム王子・キャサリン妃に無視される場面も

ヘンリー王子夫妻“高位王族”として最後の公務 メーガン妃がウィリアム王子・キャサリン妃に無視される場面も

ヘンリー王子夫妻“高位王族”として最後の公務 メーガン妃がウィリアム王子・キャサリン妃に無視される場面もの画像

ヘンリー王子・メーガン妃夫妻が英時間9日、ウェストミンスター寺院にて行われた「コモンウェルスデー記念式典」に出席し、MEGXIT(メグジット、英国王室からの離脱)前最後の公務として注目を集めた。


今年1月に高位王族からの引退意思を表明して以来、カナダのブリティッシュ・コロンビア州に滞在しているヘンリー王子・メーガン妃夫妻。MEGXITを控え、一足先に帰郷していたヘンリー王子にメーガン妃が合流したのは、今月はじめのことだった。以来休む暇もなく精力的に公務をこなす夫妻の様子を英メディアは“フェアウェル・ツアー”(お別れツアー)と称し連日大きく報じてきたが、英時間9日にはMEGXIT最終章を飾るイベント「コモンウェルスデー記念式典」がウェストミンスター寺院にて開催された。

エリザベス女王をはじめ、チャールズ皇太子夫妻やウィリアム王子夫妻など“高位王族”が一堂に会するフォーマルなイベントに、この日一番乗りで現れたヘンリー王子とメーガン妃。妃は「Emilia Wickstead(エミリア・ウィックステッド)」のグリーンのケープ付きドレスとファシネーターという装いで、観衆を魅了した。

ヘンリー王子・メーガン妃夫妻はウェストミンスター寺院内では前から2列目に着席、隣に座ったエリザベス女王の三男エドワード王子や夫人のソフィー妃と談笑する姿が見られた。しかしのちに現れたウィリアム王子・キャサリン妃に、メーガン妃が「ハーイ」と軽く手を振る場面ではウィリアム王子・キャサリン妃がそろって無視する様子がキャッチされてしまった。そのシーンがネットで拡散されると、「厳かな場で満面に笑みを浮かべるメーガンは不謹慎」「ケイトの表情が精彩に欠ける」「最後まで兄弟が不仲で悲しい」などネガティブなコメントが多数あがってしまった。

昨年の「コモンウェルスデー記念式典」では、大きなお腹のメーガン妃が不仲説のあったキャサリン妃から両?にキスをされたり、ハグを交わす姿が話題を集めたが、今年は新型コロナウイルスへの感染リスクを懸念してか、男性は握手の代わりに肘をぶつけ合う“肘タッチ”を、女性はグローブ着用で握手を交わすなど極力直接のボディーコンタクトを避けた動作が目立った。

英国に戻って以来、連日過密スケジュールでMEGXIT最終章を駆け抜けたヘンリー王子・メーガン妃夫妻はこの日をもってすべての公務を完遂、今月末にいよいよ正式に王室から離脱する予定だ。

米国籍で元女優、そしてバツ1&バイレイシャルであるメーガン妃は英王室に“新風”を吹き込む存在として注目され、2018年5月19日に“鳴り物入り”で王室入りを果たした。しかし古い伝統や人種差別、メディアによる過熱報道には抗えず、今年1月に高位王族からの引退意思を表明していた。

そんなメーガン妃をメディアは「1年10か月と12日間、王室に仕えたことになるが、米ドラマ『SUITS/スーツ』にはこれよりも5年近く長く出演していた」と、短命に終わった妃のロイヤルライフを最後まで皮肉を込めて伝えている。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2020年3月9日付Instagram「This afternoon, The Duke and Duchess of Sussex attended the annual Commonwealth Service at Westminster Abbey on Commonwealth Day, alongside Her Majesty The Queen and Members of The Royal Family.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)