メーガン妃、最終公務後すぐにアーチーくんの待つカナダへとんぼ帰り

メーガン妃、最終公務後すぐにアーチーくんの待つカナダへとんぼ帰り

メーガン妃、最終公務後すぐにアーチーくんの待つカナダへとんぼ帰りの画像

今月末の王室離脱前に最後の公務に出席するため英国に滞在していたメーガン妃が、9日の最終公務を終えたその足で、早々にカナダに戻っていたことが明らかになった。ヘンリー王子は夫妻の今後の活動について話し合うためバッキンガム宮殿を訪れるなど、引き続き英国にとどまっている。


英時間5日におよそ2か月ぶりにロンドンに舞い戻り、最終公務に臨んでいたメーガン妃。しかし9日にウェストミンスター寺院にて行われた最後の公務「コモンウェルスデー記念式典」を終えると、そのまま愛息アーチーくんの待つカナダに向かっていたことが分かった。

「Emilia Wickstead(エミリア・ウィックステッド)」のグリーンのケープ付きドレスとファシネーターという鮮やかな装いで観衆を魅了したメーガン妃は、ウェストミンスター寺院ではヘンリー王子とともに前から2列目に着席。隣に座ったエリザベス女王の三男エドワード王子や夫人のソフィー妃とは笑顔で談笑するも、ひとたびウィリアム王子・キャサリン妃夫妻が加わるとどこかぎこちない雰囲気が漂い、「ハーイ」と声をかけたメーガン妃はキャサリン妃からあっさりと無視されてしまうのであった。

かつては英王室の未来を担う若き4人組“ファブ4”と称され、そのチームワークが期待されたウィリアム王子・キャサリン妃夫妻とヘンリー王子・メーガン妃夫妻。しかし最終公務当日はそんな結束力は微塵も感じられず、同式典が終わるとそれぞれが順番に会場を後にして迎えの車に乗り込むのだった。

MEGXIT(英国王室からの離脱)に向けて最後まで兄弟間・義姉妹間の不仲が取り沙汰されてしまったヘンリー王子・メーガン妃夫妻だが、自身に仕えた王室スタッフへ別れの挨拶をする際には妃が感極まり「一筋の涙を流した」ことを英紙『The Telegraph』が伝えている。2年弱という短い期間ではあったが、妃にとっては様々な思いがこみ上げ複雑な心境だったことだろう。

ヘンリー王子はメーガン妃が英国を去った後も引き続き英国に残り、バッキンガム宮殿にて今後の活動について話し合ったとされ、近日中にカナダに戻りメーガン妃やアーチーくんに合流するようだ。王子はその後、来月26日に予定されているロンドン・マラソンにあわせて再び渡英、5月には負傷兵達による国際スポーツイベント「Invictus Games(インヴィクタス・ゲーム)」開催のため、メーガン妃を伴いオランダのハーグを訪問予定だという。両イベントとも新型コロナウイルスの感染拡大による影響で中止になる可能性も十分に考えられるが、現時点ではこの2つのイベントに顔を出す予定だろうと伝えられている。

英ウィンザーのフロッグモア・コテージとカナダのブリティッシュ・コロンビア州にある豪邸を行き来している夫妻は、最近になってカリフォルニア州マリブへの移住説も囁かれており、2人の動向には今後もますます注目が集まることが予想される。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2020年3月10日付Instagram「Sharing an outtake from filming last week for @Queens_CommonWealth_Trust (QCT) as The Duke and Duchess of Sussex met with young leaders in their roles as President and Vice President.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)