アーノルド・シュワルツェネッガー(72)ロバとポニーとの隔離生活を楽しむ「とびきりの笑顔を見ておくれ!」

アーノルド・シュワルツェネッガー(72)ロバとポニーとの隔離生活を楽しむ「とびきりの笑顔を見ておくれ!」

アーノルド・シュワルツェネッガー(72)ロバとポニーとの隔離生活を楽しむ「とびきりの笑顔を見ておくれ!」の画像

新型コロナウイルスへの感染拡大により、世界各地で異常事態が続いている。俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー(72)もこの状況下で「レストランには行っちゃいけない」「自宅で過ごすのが得策」と自己隔離の徹底を推奨。ペットのロバやポニーと自宅で楽しく過ごす様子を収めた動画を公開したところ「ほっこりする」と話題を呼んでいる。


『ターミネーター』シリーズや『ツインズ』などで人気を集めた、“シュワちゃん”こと俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー。その強靭な肉体を武器にアクション俳優として活躍し、70代に突入した現在もジムでのワークアウトを欠かさずアクティブに過ごしている。

しかしそんなシュワルツェネッガーも、世界各地で猛威を振るう新型コロナウイルスの急激な感染拡大には懸念を隠せない様子だ。元カリフォルニア州知事で引き続き同州に暮らす彼は、現在「65歳以上の州民は外出を控えるよう」推奨されている状況を踏まえ、現地時間15日にSNSを更新した。ペットのポニー、その名も“ウィスキー”とロバの“ルル”をともない、自宅キッチンで撮影した2分弱の動画をアップ、ファンに次のように語りかけた。

「外出禁止令が出ちゃってるからね、僕達は自宅で過ごさなくちゃならない。」
「だから僕らは家で待機して、ここで食事をしているよ。」

自宅キッチンをウロウロするポニーとロバにニンジンを与えながらシュワルツェネッガーは

「こちらがウィスキー、こっちがルルだよ。」

とペット達を紹介、まるで孫を可愛がるかのように彼らの頭や体を撫でながら

「ルルはニンジンが大好き。ウィスキーもニンジンが大好物でね。僕は少しばかりのヴィーガン食を食べたところさ。」

とカメラに向かってデレデレ顔を見せるのであった。

そして今はレストランでの外食はスッパリやめ、もっぱら自宅待機の日々であることを告白、

「ウィスキー&ルルと楽しく過ごしているよ。」
「このとびきりの笑顔を見ておくれよ!」
「外食するより、ここでこの子達と食事をともにする方がよっぽどハッピーさ。」

とポニー&ロバとの自宅待機生活を満喫していることをアピールした。

動画の最後には

「レストランでの食事も外での集会もジム通いも、もう全部ダメだからね。」

とファンに念を押し、シュワルツェネッガーは2人の“孫娘”ウィスキー&ルルとの仲良しスリーショットを披露するのであった。

この前日には、愛犬チェリーとともに正しい手洗いの仕方を動画で披露したシュワルツェネッガー、

「指と指の間や親指もしっかりね。1回20秒、1日に何度もできるだけ頻繁に手を洗おう。」

と人々に呼びかけていた。

かつては肉体派俳優として硬派な役を演じていたアクションスターが、デレデレ顏で動物達と接する動画には

「シュワが可愛すぎる!」
「殺伐とした状況のなか、この動画に心が温まった」
「ペットに囲まれたほのぼの動画にほっこりした」

とたくさんのコメントが寄せられている。

画像は『Arnold Schwarzenegger 2020年3月15日付Instagram「Stay at home」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)