エリザベス女王、ロンドンを離れウィンザーへ 新型コロナ感染リスク懸念か

エリザベス女王、ロンドンを離れウィンザーへ 新型コロナ感染リスク懸念か

エリザベス女王、ロンドンを離れウィンザーへ 新型コロナ感染リスク懸念かの画像

エリザベス女王が英時間19日より、ロンドンのバッキンガム宮殿を離れてウィンザーへと一時的に移動するという。公式ホームページによれば「賢明な予防策として、そして実務的な理由から」とのことだが、新型コロナウイルスへの感染リスクや93歳と高齢であることを鑑みれば、現在英国内で最も多くの感染者が出ているロンドンを離れることは得策と言えそうだ。 


世界各地で猛威を振るっている新型コロナウイルス。イギリスも例外ではなく現地時間17日現在で感染者は1950人、死者は71人と発表された。「イングランド公衆衛生局(PHE、Public Health England)」のホームページによると、首都ロンドンでは感染者621人と国内の3割を占めている。

この事実を受け英王室は現地時間17日に公式ホームページを更新し、エリザベス女王が19日よりロンドンのバッキンガム宮殿からウィンザーへと一時的に移動することを発表した。ロンドンのなかでも特に感染症例が頻出しているケンジントン、チェルシー地区からほど近いバッキンガム宮殿、現在93歳と高齢の女王にとってこのまま同地に居続けることはハイリスクと考えられ、『ロイター通信社』『タイム』など大手メディアもこのニュースを大きく報じている。女王は4月半ばのイースター(復活祭)が過ぎた頃まで、およそ1か月間をロンドンから40kmほど西に離れたウィンザーで過ごす予定だという。

また英王室はあわせて今春開催予定だった3つのガーデンパーティーのキャンセルを発表、5月のヨーロッパ戦勝記念日(VEデー、Victory in Europe Day)やエリザベス女王の誕生日を祝う6月の恒例式典『トゥルーピング・ザ・カラー』については、追ってスケジュールを発表する意向のようだ。

日本からは即位後初の外国訪問と注目されていた天皇皇后両陛下によるイギリスへの公式訪問も、日英両政府が延期の方向で交渉を進めるようである。

画像は『The Royal Family 2020年3月4日付Instagram「The Duke and Duchess of Cambridge are visiting Ireland on a three day tour.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)